パンプスのサイズが大きいときの対処法は?脱げないように調整する方法はコレ!

   

ガラスの靴

毎日のオシャレで手が抜けないのが「足元」って聞いたことありますよね。

女性場合のオシャレに欠かせないのが、パンプスではないでしょうか。

 

パンプスは、色、形、ヒールの高さなど、種類が豊富で、見ているだけでワクワクして、女心をくすぐりますよね。

でも意外とサイズ選びが難しくて、大丈夫!と思って買ってはみたものの、履き始めたら少し大きく感じて困った経験はありませんか?

 

最近は通販で靴を買うこともあるので、サイズがちょっと合わないこともありますよね。

また、サイズがちょっと大きいけどデザインがとっても可愛いから何とか履きたい!なんて場合も。

 

そこで今回は、パンプスのサイズが大きいときの対処法や、脱げないように調整する方法についてご紹介します!

可愛いパンプスを快適に履けるように、いろいろ試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

パンプスのサイズが大きいときの弊害

大きめのパンプスを無理して履いていると、いろいろな弊害があります。

  • 歩く時にかかとがパカパカと浮いてしまう
  • 足が靴の中で滑ってしまう
  • 靴ずれができてしまう
  • 歩き方が変になることがある
  • 足にへんな癖が付いてしまうことがある
  • 足がつかれる
  • 転倒や怪我の可能性が高まる

靴が大きい倍位は、あなたの足にぴったり来るように、ご紹介していく対処法を試してみてくださいね。

靴

 

パンプスのサイズが大きいときの対処法:家にあるものを使う

可愛いパンプスを買ったから、ウキウキで会社やデートに履いていったら、ちょっと大きくて困ったという、という経験がある女性は多いですよね。

まずは、お家にある身近にあるもので、さっとできる対処法から見ていきます。

 

つま先にティッシュや布を詰める

めちゃめちゃ原始的ですが、つま先にティッシュや布を詰めて、靴の中の隙間を埋めることで、サイズ調整をしてみましょう。

ティッシュならどこのお家にもありますし、出かけた先で、靴がなんだか大きいなと感じた時も、さっと対処できます。

いらなくなったストッキングを切って入れるのもいいですね。

 

ただし、ヒールが高い靴の場合は、足の先が圧迫されて痛くなりやすいので、あくまでも緊急の応急処置として考えておくといいですね。

ずっと使うのであれば、同じ効果のあるつま先用のインナークッションを購入するのがおすすめです。(下でご紹介しています。)

 

カバーソックスを履く

わたしもよくする方法なのですが、パンプスから見えない浅めのカバーソックスを履きましょう。

素足の上からでもストッキングの上からでもOKです。

大きめのパンプスも、ソックスの厚みの分で、フィットしやすくなります。

また、履くと滑り止めになって楽ですし、汗も吸収してくれて、臭い対策にもなりますよ。

 

靴ずれ防止に足に絆創膏を貼っておく

こちらはサイズ調整というよりも、パンプスのサイズが大きいことによる靴ずれの事前防止用ですが、足に絆創膏を貼っておくのがおすすめです。

親指の付け根や小指の付け根、小指の側面などパンプスを履いたときに擦れやすい部分に、絆創膏を貼っておきましょう。

かかとがパカパカして大きいときは、かかとに貼っておくといいですよ。

 

スポンサーリンク

 

パンプスのサイズが大きいときの対処法:市販の便利グッズを使う

市販の便利グッズもいろいろ出ています。上手に活用すれば、少し大きめのパンプスもいい感じに履けるようになります。

 

つま先用のインナークッションを詰める

上で、家にあるものでの対処法として、つま先にティッシュや布を詰めるという方法をご紹介しましたが、専用のインナークッションが売られています。

ティッシュは応急処置ですが、これなら足にも優しく、抗菌対策・蒸れにくい工夫がされているものもあるので、夏にもオススメです。

 

 

中敷き(インソール)を敷く

パンプスの中に中敷き(インソール)を敷いてサイズ調整をするというのは、簡単で合わせやすい方法です。

最初から、パンプスのサイズが少し合わない場合は、購入する時に靴屋さんで相談をして、中敷きを入れてもらうといいですね。

 

家に持ち帰ってからやっぱり合わないと感じた場合は、自分で中敷きを入れてぴったりくるように調整してみてください。

ロフトやハンズはもちろん、ドラッグストアや100均でも様々な種類の中敷きが販売されています。

また、足裏全体のものだけでなく、つま先、土踏まず、かかと用など、場所別のものもありますので、あなたの気になる部分にあわせて、いろいろと試してみてくださいね。

 

中敷きは、サイズ調整だけでなく、衝撃を吸収してくれて、足が疲れにくくなるというメリットもあります。

抗菌・消臭タイプを使えば、足の臭い対策もバッチリです。

 

 

シューズバンドを使う

足の甲をストラップのように抑えてくれる、シューズバンドも使えます。

シューズバンドをすると、ストラップシューズのような効果があるので、サイズが大きくてかかとが脱げやすいパンプスにもオススメです。

 

メタ出せたくない場合は透明タイプがおすすめです。また、パンプスの色に合わせて、シューズバンドを選んでもオシャレですね。

いろいろなシューズバンドがありますので、幅広い種類のパンプスに使うことができます。最近は100均でも売っていますのでチェックしてみてください。

 

 

滑り止めを貼る

大きいパンプスの中で足が移動しないように、パンプス用の滑り止めシートを貼るのもいいですね。

かなり大きいパンプスの場合は、つま先の詰め物と併用するのがおすすめです。

 

ぷにぷにのジェルタイプのものなら、座敷などで靴を脱いだときにも、見た目も透明で目立ちにくく、弾力性があり足裏にも優しいのでオススメです。

足裏が疲れにくいメリットもあります。

 

 

失敗しないでピッタリのサイズのパンプスを選ぶコツは?

パンプスのサイズ選びは確かに難しいですが、いくつかのコツをマスターすれば、足にピッタリのサイズを選ぶことができます。

夕方3時頃試着しよう

正しいサイズ選びに試着は必須ですが、試着する時間も大切です。

夕方3時ごろが一番足が大きくなる時間だというのを聞いたことがある人も多いんじゃないでしょうか?

 

できるだけ、この時間に靴屋さんに行きましょう。

この時間が一番足がむくんで大きくなっているのですから、履いてみてちょっと緩かったら、他の時間にはもっと緩く感じるはずですよね。

そう考えて選べば、よりあなたの足にあったサイズを選ぶことができます。

 

必ず両足試着し、歩いてみよう

パンプスを買うとき、鏡の前で似合うかどうかだけのチェックで終わっていませんか?

試着するときは、必ず両足試着し、店内を実際に歩いてみることが大切です

 

歩くと、つま先の空きはもちろん、靴の返りが悪いことに気付けたり、かかとがパカパカ浮いてしまうといったことに、気づくことができます。

遠慮せずに、靴屋さんの店内を歩いて、は着心地をチェックしましょう。

 

つま先には1センチ〜1.5センチの余裕を持とう

つま先にピッタリ合わせず、1〜1.5センチの余裕のある靴を選びましょう。

つま先までぴったり!が良いように感じますが、実際に快適に歩くためには、足が靴の中で前後に動く余裕が必要です。

余裕がないと、足に当たって痛くなって靴ずれしてしまうことがあります。

自分でわからない場合は、靴屋の店員さんにチェックしてもらうといいですね。

 

足幅とかかとはピッタリサイズを選ぼう

つま先には少し余裕が必要ですが、足幅とかかとはピッタリ合うパンプスを選びましょう。

足幅とかかとが固定されていると、足に負担がかからず、長時間履いても疲れにくくなります。

 

靴

 

大きいパンプスの対処法 まとめ

自分でできるパンプスのサイズ調整の方法がお分かりいただけましたか?

お手軽に、すぐに試すことができる方法ばかりなので、ぜひ試してみてください。

 

これを知っていれば、ためし履きができない通販で靴を買って、ちょっとサイズが大きかったという場合も、ちょっと安心ですね。

また、サイズが少し大きくて靴箱に眠っているパンプスがあるのであれば、復活させてあげてください。

もちろん、長く履いていたらゆるくなってきた、なんて場合も使えますね。

 

そして、これから新しいパンプスを買う時は、失敗しないサイズ選びのコツの方も参考にしてみてくださいね。

あなたにピッタリのパンプスを選んで、足元のオシャレを思いっきり楽しみましょう!

 

 

スポンサーリンク

 - オシャレ