カラダ

ゴーヤの栄養と効能が凄すぎる!一度に美肌と健康をゲット!

投稿日:

ゴーヤ

ゴーヤは好きですか?ゴーヤは、以前はあまりなじみのない野菜でしたが、最近ではとてもポピュラーになりましたね。

スーパーの野菜売り場で、綺麗な緑色のゴーヤを見かけるようになると、夏が来たんだな、という気分になりますね。

 

でも、ゴーヤは苦いというイメージがあるので、ちょっと敬遠している人もいるんじゃないでしょうか?

それってとってももったいないんです!実はゴーヤには、あなたの身体にとってもいい栄養素がたっぷり。もちろん、女性に嬉しい効果も満載です!

 

一緒に見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

ゴーヤに含まれる栄養・カロリーは?

ゴーヤには多くの栄養が含まれていますが、特に多く見られるのが以下のものです。

これらのものが含まれていることによって、あなたの健康にいい影響がでるんですね。詳しい効果はご説明していきますので、チェックしてくださいね。

  • ビタミンC
  • ビタミンK
  • 葉酸
  • ベータカロチン
  • カリウム
  • リン
  • 食物繊維

 

ゴーヤのカロリーは、太さにも寄りますが、長さ30センチ程度のもの1本で、40キロカロリー程度と憶えておくと簡単です。

ゴーヤーチャンプルーなどで使用するゴーヤは、大体50グラム、1/4本です。10キロカロリー程度ですね。安心して食べられるカロリーですので、いっぱい食べても大丈夫!

 

ゴーヤチャンプルー

 

ゴーヤの効果・効能

ゴーヤを食べることによって得られる効果・効能はたくさんあります。

 

美肌効果・ニキビ予防

ゴーヤにはビタミンCがとても多く含まれています。ビタミンCには、抗酸化作用でアンチエイジング・コラーゲンの生成を助ける・免疫力アップで肌トラブル解消、など、女性に嬉しい働きがいっぱい!

女性が1日に摂るべきビタミンCの量は、約100mgが目安となっていますが、これをゴーヤで摂るとしたら、150グラム程度にあたります。これは約30センチのゴーヤの半分強を食べれば摂取できてしまうと言うことですね。

また、ゴーヤのビタミンCは熱に強いので、ゴーヤチャンプルーなどの炒め物にしても、栄養はそのまま。夏の美肌の強い味方ですね。

 

肥満予防・成人病予防

ゴーヤの特徴である、独特の苦み成分は「モモデルシン」と言います。この成分には、コレステロールを低下させたり、血糖値を下げるという働きがあるんです。

これによって、肥満の予防・成人病を予防に効果的なんです。ダイエットにも使っていきたいですね。

 

ダイエット

 

貧血を防ぐ

葉酸や鉄分が、女性の大敵、貧血を防ぎます。葉酸を多く摂ることが勧められている妊婦さんにも、ぴったりの食材です。

 

食欲アップ・夏バテ解消

モモデルシンは、胃の内部を守り、食欲を増進させる働きもあります。夏バテしてしまって食欲がないという時のおかずに、使ってみるといいですね。

 

便秘解消・デトックス

ゴーヤには食物繊維がいっぱいです。水溶性・不溶性の食物繊維の両方が含まれていますが、特に不溶性が多く含まれているので、便秘解消にバッチリ効きます。

余分なものを外に出せば、お肌もつやつやになりますね。

 

スポンサーリンク

 

いいゴーヤの選び方

こんなにたくさん身体にいい効果があるゴーヤを、この夏は是非たくさん取り入れたいですね!スーパーでゴーヤを選ぶときのポイントも見ておきましょう。

  • 色が鮮やかで濃い緑色のもの
  • 重いもの
  • ツヤツヤしてやハリがあるもの
  • 表面のデコボコが均一で密集しているもの
  • 鮮やかな濃い緑色をしているもの
  • ずっしりとしていて重いもの

 

ゴーヤ

 

夏はゴーヤで健康&美肌

夏は暑くて食欲もなくなりがちですね。そんな時だからこそ、栄養があって身体にいい食材を選んで、元気に過ごしていきましょう。

夏が旬まっさかりのゴーヤは、まさにぴったりの野菜です。しかも美肌になれるなら試さない手はありません!

 

今度スーパーに行ったとき、ゴーヤを見かけたら、ぜひ1本買ってみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

-カラダ

【あなたにおすすめの記事】

Copyright© すべての女性のお役立ち情報 - YOU GO, GIRL! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.