オシャレ

お出かけ前に毛玉を発見!すぐ簡単にできる毛玉取りの方法は?

投稿日:

毛玉

急に寒くなった日に、去年しまっておいた秋・冬服を急遽とり出して、さて出かけよう!と思ったら、服に毛玉がついているのに気がついた!…なんて経験はありませんか?

前シーズンにしまうときに、キレイに洗うことはしていても、毛玉には気づかずしまってしまったんですね。

 

「でも家には毛玉取り機がない!」そんな時に、家にある物ですぐにできる毛玉取りの方法をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

家にある物で毛玉を簡単に取る方法

あなたのお家にあるもので、簡単に毛玉取りができるものを見ていきましょう。

 

はさみ

まずは、一番原始的ですが、はさみで毛玉を切っていく方法があります。はさみならどこのお家でもありますから、すぐにできますね。

毛玉の量が少しの場合は、はさみで切っていくのがおすすめです。毛玉になった部分だけをカットしていくので、服の生地を傷めることがないので、お気に入りの服の時は、特にはさみがおすすめです。

 

はさみは、細めで刃が真っ直ぐの物が向いています。はさみを生地に平行にして、毛玉をカットします。うっかり生地まで切ってしまうことがあるので、気をつけてくださいね。

広範囲の毛玉には大変ですが、時間と根気があれば、もちろんOKです。

 

  •  メリット …生地を傷めない
  •  デメリット …広範囲だと時間がかかる

はさみ

 

T字カミソリ

女性ならT字カミソリを持っているんじゃないでしょうか? T字カミソリも、毛玉取りに使えます。毛玉の範囲が広めでも、比較的早めに作業ができます。

やり方は簡単! 服を平らなところに置いて、生地をピンと貼った状態にして、T字カミソリでやさしく毛玉部分をなぞります。それだけで、キレイに毛玉が取れちゃいます。

 

ただし、あまり強くやると、生地の表面を削ってしまって、生地が薄くなったり、切れてしまったりすることがあります。必ずやさしくやってくださいね。様子を見ながら力加減を決めていくといいです。

T字カミソリは、新しくてよく切れる刃のものを使ってくださいね。1枚刃でかまいませんが、2枚刃の方がキレイに取れます。また、肌への負担が少なくなるスキンガードなどの安全機能がついているカミソリを使うと、毛玉を取るときに、生地をうっかり切ってしまうことを防げます。

 

  •  メリット …はさみより早く取れる
  •  デメリット …はさみよりも生地を傷める

T字かみそり

 

台所用スポンジ

台所用のスポンジをつかうという方法もあります。スポンジは、片側が柔らかくて波状になっていて、片側が固い緑色で、がんこな汚れを取るときに使うものになっているタイプです。

スポンジは、はさみやT字カミソリにくらべて、一気に広範囲の毛玉取り作業ができるという利点があります。

 

方法は簡単で、スポンジで毛玉部分をやさしくこするだけです。スポンジに毛玉がくっついてくるという仕掛けです。

まずは、やわらかくて波形になったスポンジの方で、やってみましょう。軽い物なら取れるはずです。取れない場合は、スポンジの緑色で固くなっている側で、同様にやさしくこすってやります。

 

毛玉の取れ具合としては、緑色の固い方でこすった方が良く取れてきます。ただし、生地へのダメージはかなり多いです。がんこ汚れを落とすための、あの固い面でこすられたら、やはり服も傷ついてしまいますよね。

ですから、お気に入りの服で緑色の方を使うのは、おすすめしません。ちょっと傷んでしまってもOKだという服に使ってみてください。

 

  •  メリット …広範囲の毛玉を取る時に作業が早くできる
  •  デメリット …あまり取れない(やわらかい波形スポンジ)または、生地がかなり傷む(緑の固いスポンジ)

スポンジ

 

 

スポンサーリンク

 

毛玉取り器もおすすめ

毛玉のついた服がたくさんあったり、今後も毛玉取りが必要だな、と思う場合は、やはり毛玉取り器がおすすめです。毛玉部分に押しつけていくだけで取れていくので、とても楽ちんです。また、仕上がりもキレイですね。

ただし、何度もかけていると生地が傷んだり薄くなってきたりすることがありますので、様子を見ながら使ってくださいね。

 

ものによって、性能はピンキリです。安い物だと100円均一にもありますが、いろいろなタイプを比べてみるといいですね。

 

  •  メリット …作業が楽ちんで、キレイに取れる
  •  デメリット …ものによって性能がピンキリ。生地が傷む

 

 

毛玉ができる理由と防止法

服に毛玉ができてしまう理由は「摩擦」です。

  • 着用中の摩擦
  • 洗濯中の摩擦

 

毛玉ができやすい所は摩擦が多いところなんです。袖口なんかは机と擦れたりするので毛玉ができやすいですね。他には脇の下や服の前側の裾なんかも摩擦が起こりやすいので、毛玉ができやすくなっています。

これはなかなか防ぐのは難しいですね。何か作業をするときは、アームカバーをするくらいでしょうか。

 

あとは、同じ服を続けて着ないというのも、毛玉を防止できます。お気に入りの服でも、毎日機内で、休ませてあげてくださいね。

あとは、バッグも毛玉の原因になります。肩かけのバッグなら肩部分、ショルダーなら腰に当たっている部分で、摩擦が起こっていますよね。スカートやジャケットの腰部分に毛玉ができているのは、バッグのせいなんですね。

バッグの持ち方を意識すると防ぐことができますね。

 

洗濯中の摩擦については、まずは他の洗濯物と擦れないように、洗濯ネットにいれましょう。洗濯ネットもデリケート物用の、目が詰まってやわらかいタイプの物がおすすめです。

 

女性

 

毛玉の服とさよならしよう!

お出かけ先で、服に毛玉がついているのに気づいたら、気分が台無しですね。デートだったらさらに最悪ですね。ずぼらな女性といった印象になってしまいます。

秋・冬物に替わるとき、着る前に一度全部の服をチェックして、毛玉がついていたらキレイにしておくと良いですね。

 

また、できれば、冬のシーズンが終わったら、そのままクローゼットにしまうのではなく、来シーズン用にちゃんと毛玉の処理をしておくのがおすすめです。そうすれば、慌てることもないですね。

クリーニング屋さんによっては、毛玉を取ってくれるところもありますので、出すときに一度相談してみるのもおすすめです。

 

この冬は毛玉とは無縁の女性で行きましょう〜!

 

スポンサーリンク

 

-オシャレ

【あなたにおすすめの記事】

Copyright© すべての女性のお役立ち情報 - YOU GO, GIRL! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.