春コートと秋コートの違いって何?兼用してもおかしくない?

      2017/09/13

春コート・秋コート

春や秋の季節の変わり目の少し肌寒い時には、薄手のコートが重宝しますね。街でもよく羽織っている女性も見かけます。あなたのお家のクローゼットにもあるんじゃないでしょうか。

春にはスプリングコート、秋にはトレンチコートという認識でオシャレを楽しんでいる女性が多いと思いますが、両方共薄手になっているし、一体違いは何なんでしょうか?服のレパートリーを増やすために、兼用できたら嬉しいですよね。

 

ここでは、スプリングコートとトレンチコートの違いはあるのか、兼用することができるアイテムなのかについて見ていきたいと思います。

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

春コートと秋コートの違い

まずは、春コートと秋コートの特徴を見ていきましょう。

 

スプリングコートとトレンチコートの違い

春コート(スプリングコート)

春先に着るコートは、一般的に「スプリングコート」と呼ばれていますね。特徴としては

  • 色合いが春らしい(パステルカラーなど)
  • 綿やポリエステルなど、薄手で軽い素材

と言った感じです。

 

暗く寒い冬から、明るくて暖かい春に向かっていく時期なので、コートの色は明るいものが主流ですね。パステル調の黄色やピンクなど、まさに春が来たという感じの装いになれます。素材は、うきうきするような気持ちとおなじで、薄手で軽いタイプのものを使用されていますね。

「スプリングコート」という呼び方は、コートのデザインなどを指したものではなく、春先に着る薄手のコート全般を指す名前です。ですから、コートの形はいろいろなものがあり、その年の流行で、リボンやレース使いを取り入れたものも見られます。

春コート

 

秋コート

秋コートは初秋に着るもので、特徴としては

  • 色合いが秋らしい
  • 綿・ポリエステル〜キルティング・ウールといった暖かめの素材まで
  • 取り外しできるインナーがついていることがある

と言った感じになっています。

 

これから寒い冬にむかうということで、色合いは秋らしいベージュや茶色などが多いですね。しっとりとした雰囲気が秋の街とマッチします。素材は薄めで綿やポリエステルのものに加え、素材としては、キルティングやウールなどのものが使われることも多いです。

また、取り外しができるインナー(ライナー)がついていることも多く、外して軽く着たり、つけて暖かく着たりすることができます。

秋コート

 

トレンチコートは秋のコート?

秋コートというとぱっと頭に浮かぶのがトレンチコートなんじゃないでしょうか。初秋にトレンチコートを羽織っている女性を見るとかっこいいなーと思いますよね。

わたしたちはなんとなく

  • 春コート=スプリングコート
  • 秋コート=トレンチコート

といったイメージがありますね。スプリングコートというのが、春コートの名称であるように、トレンチコートが秋コートの名称と思いがちですが、トレンチコートというのはコートの形(デザイン)のことで、秋コートのことを指すわけではありません

ですから、トレンチコート型のスプリングコートもあります。春用のトレンチコートは、生地の厚さが薄くなっていたり、明るめの色合いになっていたりします。

 

スポンサーリンク

 

春コートと秋コートは兼用できる?

結論からいうと、春コートと秋コートは兼用できます。

上でご説明したように、一般的に春コートと秋コートは

  • 色合いが違う
  • 素材や厚さが違う

といった差があります。しかし最近では、夏以外の肌寒い時に着られるようコートの内側にライナーが付いて、厚みを調整できる機能的なコートや、リバーシブルで素材が変わるものもあります。色は、春でも秋でも着られるようなベージュやローズなどを選択すれば問題ないでしょう。

 

私はトレンチコートの形とポケットの収納力が好きなので、春でもトレンチコートを着ます。素材はポリエステル系の軽いものにして、防水スプレーを振り掛けておきます。これで多少の雨も心配ありません。色はベージュが無難でしょうが、薄いベージュは汚れが目立つので、私の場合はピンクベージュをチョイス。春真っ盛りには暑苦しい色ですが、3月頃に着るには十分ですよ。

お店でコートを買う時に、春と秋に兼用することを前提にコート選びをするといいですね。

 

春コートと秋コートを兼用するときの注意

春コートと秋コートを兼用できれば、服のレパートリーも増えて助かりますね。コートを買う時に頭にいれておくといいことを見ておきましょう。

定番の形を選ぶ

春にその年の流行でコートを買ったとします。秋になり、またそのコートを着ようと思ったときには、なんだかもう流行が過ぎた感じがしてしまってちょっと恥ずかしい…なんてことは避けたいですね。タンスの肥やしになりかねません。流行に左右されない定番の形を選びましょう

 

春秋兼用できる色を選ぶ

まれに、個性的なファッションを好む人は季節感を無視した色を着ますが、一般的ではありませんね。やはり春でも秋でも重宝するような、ベージュ系の色を選ぶといいでしょう。ただし、普段の自分が着ている洋服の色に合わせることも重要です。

 

 

春コートも秋コートもオシャレに着よう

ここまで、春コートと秋コートの違いや兼用についてお話してきました。

春コートは、秋よりも薄い素材や、最近では花粉症対策として、花粉が付きにくいコートも売られています。秋コートはライナーなど防寒対策のあるコートもあります。春に売られているコートは春に合わせて、秋コートは秋冬に合わせて、機能的に作られているというわけですね。

 

兼用したいと言う場合には、次シーズンにも着られるかどうかをよくイメージしてから買いましょう。リバーシブルで着られるコートは、表と裏で着た印象が異なりますので、試着する時は表も裏も試着するといいですね。

また、トレンチコートはおしゃれアイテムとして、1つは持っていると便利ですよ〜。

 

春コートも秋コートも上手にきこなして、オシャレをたのしんでくださいね!!

 

スポンサーリンク

 - オシャレ