すべての女性のお役立ち情報 - YOU GO, GIRL!

女性がもっとハッピーになれる応援ブログ

夏も肌の乾燥に注意して!乾燥肌の原因とスキンケア対策!

   

夏

夏は何もしていなくても暑くて汗が出ますよね。顔がいつもテカっているので、気づきにくいのですが、実はお肌自体は乾燥していることが多いんです!

あなたは夏も、しっかりお肌の乾燥対策をしていますか?冬にはしっかりやっているけど、夏はやっていないことが多いんじゃないでしょうか?

 

油断しがちな夏の隠れ乾燥肌。その原因や対策、肌ケア方法などを見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

夏に肌がカサカサに乾燥する理由

夏に肌が乾燥してしまう主な理由は、3つあります。

冷房による乾燥

このところ夏の気温はどんどん上がっていますね。熱中症の危険があるため、お家や仕事場、ショッピングモールなど、どこに行っても冷房がかかっています。

冷房のかかっている場所は、湿度が低くて乾燥しているので、そこにずっといると、お肌がどんどん乾いて行ってしまうんですね。

 

また、エアコンの風が直接当たる場所にいると、さらに皮膚の水分が失われていってしまいます。同様に扇風機の風も、当たり続けるとお肌が乾燥していきます。

 

鏡

 

大量の汗の蒸発

夏に外に出ると、暑さで大量に汗をかきますよね。そして、目的地に着くと、汗をかいた状態で冷房の効いた室内に入ることになります。

とっても涼しくて気持ちがいいのですが、この時、汗が乾いていくのと同時に、お肌の水分や脂分も奪われてしまいます。それによって、乾燥肌になってしまうんですね。

 

紫外線によるダメージ

女性の大敵、紫外線も乾燥肌になる原因のひとつです。紫外線を浴びると、お肌の細胞が水分を保つ働きが低下してしまうんです。紫外線はお肌の基本的な機能やターンオーバーを乱して、乾燥肌をひきおこしているんですね。

 

あつい

 

乾燥肌をケアしないとどうなる?

夏にお肌の乾燥に気づいていなかったり、気づいていても面倒で放置してしまうと、どうなってしまうんでしょうか。

 

肌の老化

乾燥は肌の老化につながります。肌が乾燥していると、通常の肌のメカニズムがうまく働かなくなり、ターンオーバーがしっかりとできなくなります。そのため、シワやしみができやすくなったり、かゆみが出たりします。

また、肌がくすみ毛穴が開きっぱなしになってしまったりと、いろいろな肌トラブルの元になったりするんですね。

 

あとで絶対に後悔することになりますので、必ずケアをしましょう!

 

敏感肌になる

乾燥肌になると、肌のバリア機能が低下してしまいます。そのため、ちょっとした刺激にも過度に反応してしまう、敏感肌になってしまいます。これを「乾燥性敏感肌」といいます。

健康な肌の女性なら問題ないような、ちょっとした雑菌やハウスダスト、洗濯に使用した洗剤などに反応してしまい、かゆみが出たり赤くなったりすることがあります。

 

スポンサーリンク

 

夏の乾燥肌の対策とお手入れ方法

それでは、夏に乾燥肌にならないためにはどうしたらいいのか、具体的に見ていきましょう。

 

顔の乾燥防止

洗顔はやさしく

  • 洗顔は朝・夜の2回
  • ぬるま湯で洗う
  • こすらず洗顔料の泡で洗う

夏は汗をかいてべたべたしてしまうので、何度も顔を洗いたくなりますが、洗いすぎるのは良くありません。朝・夜の2回程度にしましょう。

また、夏は暑いので、冷たいお水で洗うと気持ちいいですが、汚れがおちにくいためNGです。かといって熱いお湯もいけません。刺激のない温度のぬるま湯を使いましょう。

 

洗顔料は泡たてネットなどを使用して、なめらかな泡にして、顔をこすらないようにして洗います。ごしごしこするのは厳禁です。

 

洗顔

 

化粧水とクリーム

洗顔後のスキンケアは、化粧水でしっかり保湿が重要です。パックもいいですね。そのあとはクリームなどを塗って水分を閉じ込めましょう。

朝は、メイクの前に、下地まででしっかり保湿しておくといいですね。

 

ハンディミスト

肌が乾燥したらすぐに保湿できるハンディミストを使うのもいいですね。ただし、ただの精製水のミストだと、反対に乾燥させることになりますので、保湿成分の入った化粧水などを使用しましょう。

 

身体の乾燥防止

ぬるめのお風呂でゆったり

夏は暑いので冷たいシャワーだけ…としたいところですが、ちゃんと湯船につかることをおすすめします。熱いお湯は身体の油分を取ってしまいますので、ぬるめのお湯にゆっくりとつかりましょう。血行が良くなり、代謝が上がって、お肌の働きがよくなります。

保湿効果のある入浴剤を使うのもいいですね。

 

furo

 

エアコン・扇風機に気をつける

夏は熱中症を避けるためにも、エアコンや扇風機の使用を避けることはできませんね。でも、なるべくエアコンや扇風機の「風」に当たらないようにしましょう。

それだけでも、乾燥を防ぐことができます。

 

加湿器を使う

冷房しているのに加湿器をつかったら、熱くなるんじゃないの?と思いますが、併用しても大丈夫です。ただし、部屋が涼しくなってから使ったほうが効果的です。

 

観葉植物を置く

観葉植物は、葉っぱから水分を蒸発させていますので、お部屋に置くと、加湿してくれます。緑があるとリラックスできますし、電気代もかからないので、おすすめです。

 

夏もしっかり保湿でぷるぷる肌

汗や脂でなかなか気づきにくい「夏の乾燥肌」。この夏は、ちょっと気にして、お肌をチェックしてみてくださいね。

あなたが夏に長時間過ごす場所、例えば、お家・会社・屋外など、各々にあった乾燥肌対策を選んで、ぜひやってみてください。きっと、お肌の状態が違ってきますよ!

 

スポンサーリンク

 

 - カラダ