義父に喜んでもらえる父の日の手紙・メッセージの書き方!文例あり

      2017/06/17

ギフト

結婚してからの父の日は、あなた自身のお父さんだけでなく、義父(旦那さんのお父さん)にもプレゼントをあげることになりますね。

プレゼント選びも難しいですが、プレゼントに添える手紙やメッセージになんと書いていいのか悩みますよね〜。

 

あなたのお父さんへと同じように親しげに書けばいいのか、それとももっと嫁と義父という感じで書けばいいのか…。全然わかりません…。

そこで今回は、父の日の義父宛の手紙・メッセージの書き方のポイントをご紹介します。文例もあるので参考にしてみてくださいね!

 

義父への父の日プレゼントに手紙は必要?

最近はメールやラインなどのやり取りで、連絡をとっているという人が多いですね。でも、だからこそ、紙に書かれたメッセージは嬉しいものです。

手紙やメッセージカードは、父の日のプレゼントで嬉しいものとして、いつも上位にあるんですよ。ちょっとのことで、あなたの気持ちが断然よく伝わりますので、絶対におすすめです。

 

父の日のプレゼントを手渡しできる場合は、直接会ってたくさん話せますから、短めの手紙でOKです。メッセージカードを使うといいですね。

あなたのお義父さんが遠方に住んでいて、プレゼントを郵送する場合は、ほんのちょっとでいいので、長めの手紙にするのがおすすめです。メッセージカード・便箋と封筒を使いましょう。

 

スポンサーリンク

義父への父の日メッセージの書き方のポイント

  • 「お義父さん」でなく「お父さん」と書く
  • 感謝の気持ちを伝える
  • 言葉遣いは丁寧に
  • 必ず旦那差さんと連名で
  • パソコンより手書きがおすすめ
  • 家族の写真を添える

「お義父さん」でなく「お父さん」と書く

文章中では、義理のお父さんのことは、「お義父さん」でなく「お父さん」と書きましょう。

嫁であるあなたの「お父さん」ではありませんが、旦那さんにとっては「お父さん」ですね。また、「お義父さん」と表記すると、他人のように感じて、寂しい思いをする義父も多いです。

常に「お父さん」で行きましょう。

感謝の気持ちを伝える

義父に手紙と言っても、大して書くことがなくて困っちゃいますよね。父の日の手紙で必ず書くべきことは、義理のお父さんへの感謝の気持ちです。

これは、あなたとお義父さんの関係によって、感謝の内容が変わってきますので、あなたが日頃感謝している内容を具体的に書くといいですね。

・子どもを見てくれる

・困ったことがあった時に助けてくれる

・いつも気にかけてくれる

などです。

言葉遣いは丁寧に

手紙の中では、できるだけ丁寧な言葉づかいを心がけましょう。普段対面して会話する時はラフな感じでも、手紙の中ではわきまえているのがおすすめです。

ただし、義父との関係は人によって千差万別ですので、そのあたりはあなた自身で判断してくださいね。

家族

必ず旦那差さんと連名で

義父への父の日プレゼントを用意するのは嫁の仕事になっている家庭も多いと思います。

プレゼント選びから手紙まで全部あなたがやったとしても、必ず旦那さんと連名にしてくださいね。

お義父さんもわかっているかもしれませんが、やはり息子からのプレゼントだと思うと嬉しいはずです。もちろん、嫁のあなたと一緒に送ってくれたということで、いい嫁だな〜とあなた自身の株も上がります。

パソコンより手書きがおすすめ

メッセージカードや手紙は、絶対に手書きがおすすめです。

パソコンで作ったプロ顔負けのものは、見栄えは最高ですが、手書きにはかないません。

パソコンで作る場合でも、ちょっとだけ手書きで書き加えておくのがおすすめです。

家族の写真を添える

父の日のプレゼントを直接手渡しする場合はいいですが、遠方に住んでいるため郵送する場合は、家族の写真を添えると喜ばれます。

 

スポンサーリンク

義父への父の日メッセージ 文例

●文例1(誰でも使える)

お父さんへ

HAPPY FATHER'S DAY!

いつも私たちのことを気にかけてくださって

本当にありがとうございます。

ささやかながら、お礼として

○○さん(旦那さんの名前)と選んだ

父の日のプレゼントをお贈りします。

気に入っていただけると嬉しいです。

これからもずっと元気でいてくださいね!

 

●文例2(子どもの面倒をみてもらっている場合)

お父さんへ

いつも子どもたちの面倒をみてくださって

ありがとうございます。

お父さんのおかげで子どもたちは

まっすぐな良い子たちに育っています。

今回の父の日のプレゼントは

みんなで選びました。

これからも素敵なお父さんでいてくださいね。

 

●文例3(遠方に住んでいる場合)

お父さんへ

ご無沙汰していますがお変わりありませんか?

日頃の感謝の気持ちを込めて

父の日のプレゼントとして

お父さんの好きな○○を贈ります。

遠方のためなかなか会いに行けませんが

こちらは皆元気にしています。

先日撮った写真を同封しますね。

お母さんにも宜しくお伝えください。

また会える日を楽しみにしています。

 

●文例4(旦那さんを主体にする)

お父さんへ

お元気ですか?

父の日に寄せて

日頃の感謝の気持ちを込めて

プレゼントを贈ります。

○○さん(旦那さんの名前)が

またお父さんと一緒に

趣味の○○をしたいと言っています。

ぜひおつきあいくださいね。

次の長期お休みには会いにいける予定です。

 

●文例5(結婚して初めての父の日)

お父さんへ

嫁いだばかりで何もわからない未熟なわたしを

いつも助けてくださって

本当にありがとうございます。

○○さん(旦那さんの名前)と一緒に選んだ

父の日のプレゼントを贈ります。

二人で力をあわせて頑張りますので

これからもよろしくお願いいたします。

 

まとめ

義理のお父さんへのメッセージなんて難しい…!と思っていたかもしれませんが、文例を見てもらえばわかるように、何も難しい内容は書いていません。

あなたの感謝の気持ちを素直に綴れば、絶対に喜んでもらえますので、あんまり心配しないでくださいね。

お義父さんからみたら、嫁のあなたはとっても可愛い存在のはず。

末永くいい関係でいられるよう、父の日のメッセージは忘れずにつけてくださいね!

 

スポンサーリンク

 - 行事