すべての女性のお役立ち情報 - YOU GO, GIRL!

女性がもっとハッピーになれる応援ブログ

プール・海では髪のダメージに注意して!夏のヘアケア法!

      2016/07/14

プール

毎日暑い夏!夏のレジャーと言えば、プールや海ですね。今年も可愛い水着を新調して、いっぱい楽しもうと思っている女性も多いんじゃないでしょうか。

でも、楽しいプールや海のあとに気になるのが「髪のダメージ」ですよね。ゴワゴワ、ギシギシする上に、ツヤゼロ!になっちゃいます。

 

この髪のダメージの原因は何なんでしょうか?どうしたら防げるの…?

綺麗な髪を保つための、夏のヘアケア法を一緒に見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

プールや海水浴の後、髪がゴワゴワするのはなぜ?

プールや海に行くと髪がゴワゴワ・パサパサしてしまうのには、大きくわけると3つの理由があります。

プールの塩素

海の塩分

太陽からの紫外線

 

ビキニ

 

プールの塩素

プールにいくと、独特のにおいがしますよね。そうです、塩素(カルキ)です。不特定多数の人が入るプールには、消毒のために塩素が入っているんですね。この塩素のおかげで、プールの水の中の最近やウイルスが繁殖するのを防いでくれています。

でも、髪にとってはこの塩素が大敵です。頻繁にプールに入る場合、髪の毛が塩素によって脱色され、茶色っぽくなることがあります。特に、髪の毛が細い人は、その傾向が強いですね。

 

髪の色が変わるくらいですから、ダメージも受けていると言うことですね。プールの塩素はとても強いわけでなく、もちろんちゃんと安全なように調整してありますが、原理は美容院で髪の毛を脱色しているのと同じ事です。

髪の中の色が抜けるということは、髪の外側を守っているキューティクルが痛んでいるということ。ゴワゴワしたりパサパサしたりといった状態になっています。

 

海の塩分

海の水をうっかり飲んでしまうと、とっても塩からいですよね。あの濃い塩水に髪の毛をつけるわけですから、痛むのは当たり前ですね。

海水の高濃度の塩分によって、キューティクルが痛み、髪のうるおいやタンパク質などが外に流れ出てしまいます。その結果、ツヤのないパサパサ髪になってしまうというわけです。

 

紫外線

紫外線も髪にダメージを与える大きな要因のひとつです。夏の日ざしは本当に強いですよね。頭は太陽の光が垂直に当たるため、顔よりも紫外線の影響をうけやすいんです。

普段のお出かけでも、紫外線による髪への影響は大きいのに、プールの塩素・海の塩分が髪についた状態で、さらに強い紫外線があたると、ダブルで髪をいじめてることになってしまいますね。髪のダメージはとても大きくなります。

 

ビキニ

 

プールの後のヘアケア法

でも、プールも海も行きたいですよね。プールや海に行った後はどうしたらいいんでしょうか?

できるだけ早く髪を洗う

トリートメントをしっかりする

バランスの取れた食事・睡眠たっぷり

 

できるだけ早く髪を洗う

髪のダメージの原因となっている、塩素・塩分をなるべく早く洗い流すことが一番必要です。

すぐにシャンプーできない場合は、とりあえず水やお湯のシャワーで、できるだけしっかりと髪をすすいでおきましょう。これだけでも全然違ってきます。

そして家に帰ったら、シャンプーを使ってしっかりと髪を洗いましょう!

 

ビーサン

トリートメントをしっかりする

シャンプーで塩素や塩分をしっかり落としても、髪はパサパサしているはずです。必ずトリートメントをしっかりして、髪に栄養を行き渡らせましょう。

プール・海に行った日は、流さないタイプのトリートメントもおすすめです。

 

バランスの取れた食事・睡眠たっぷり

バランスの取れた食事で、髪を健康に戻しましょう。髪をつくるタンパク質をたくさん、また緑黄色野菜もおすすめです。

そして、睡眠も大事です。プール・海に行った日は疲れていると思いますので、ちょうどいいです。スマホはやめて早めにベッドに入り、睡眠をたっぷり取って、髪を元気に戻しましょう!

 

スポンサーリンク

 

プール・海で髪を守る方法

プール・海で髪にダメージを受けないように、事前にできることもしておきましょう。

スイムキャップ(水泳帽)をかぶる(シリコン製)

髪用日焼け止め・UVスプレー

 

スイムキャップ(水泳帽)をかぶる(シリコン製)

スイムキャップ(水泳帽)をかぶることによって、塩素・塩分・紫外線から髪を守ることができます。髪をまとめてスイムキャップにしっかりと入れ込みましょう。メッシュだと水を通してしまいますので、シリコン製がおすすめです。

海の場合は、スイムキャップはちょっと恥ずかしいかもしれませんね。その場合はできるだけ麦わら帽子などをかぶるようにするといいですね。

 

髪用日焼け止め・UVスプレー

髪に使える日焼け止め・UVスプレーがあるのを知っていますか?これを利用すれば、夏のまぶしい太陽からの紫外線を防ぐことができます。

 

パラソル

 

髪のダメージ対処法を知って、プールや海を楽しもう!

髪のダメージは気になるけれど、だからってせっかくの楽しい夏に、プールや海に行くのをやめるなんてもったいないですよね!

今回ご紹介した内容をやってみるだけでも、やらないより全然結果が違ってきます。できるところを取り入れてみてくださいね。

 

必要以上に神経質にならずに、思いっきり夏を楽しみましょう!

 

スポンサーリンク

 

 - カラダ, 紫外線