雨の日の湿気に負けない髪になる!自分でできるうねり対策!

      2017/05/15

雨の日

朝、髪型が綺麗に決まると、1日とっても気分がいいですね。反対に何だかうまくいかなかった時は、外出先でショーウィンドウなどに映った自分を見るたびに、テンション下がっちゃいますね。

雨の日はさらに髪の悩みがてんこ盛りなんじゃないでしょうか。外に出たら綺麗に決まっていた髪型が、うねる、広がる、膨らむ、ぺたんこ、アホ毛…。挙げればきりがないですね。毎日雨が降る梅雨なんて最悪!

何とか雨の日の湿気に負けないうねりのない髪を作ることはできないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

雨の日の髪の悩みはうねり

女性が雨の日に感じる髪の悩みに関するアンケート結果があります。

【雨の日に気になる髪の悩みは?】

雨の日の髪の悩み

1位:髪全体がうねる...130人(47.4%)

2位:毛先のクセ...50人(18.2%)

3位:前髪のうねり...35人(12.8%)

4位:濡れた髪の処理...22人(8.0%)

5位:ニオイ...18人(6.6%)

(出典:マイナビニュース 回答数274人 JOL編集部調べ/2014年5月実施)

 

雨の日の髪の悩み、第1位はダントツで「髪全体がうねる」でした。また、第3位にも「前髪のうねり」と、うねり系が入っていますね。

湿気による髪のうねり対策を探っていきましょう!

 

髪型きまらない

 

湿気で髪がうねる理由

湿気によって髪がうねる理由は、髪の痛み具合と水分量にあります。

 

「キューティクル」という言葉、一度は聞いたことがありますよね。キューティクルはあなたの髪の表面を覆っている組織で、魚の鱗のような形をして重なり合っています。

このキューティクルがきれいに整っていて、密になっている状態だと「健康な髪」と言えます。キューティクルがしっかりと髪の外側を保護して、髪の内部の水分やタンパク質を守っているんですね。ですので、髪内部の水分量は均一で適正になっています。

 

ところが、髪が傷んでいる場合=キューティクルがはがれ落ち、まばらになっている状態だと、雨の日などに、そこから水分をどんどん吸い込んでしまいます。

その結果、キューティクルが綺麗なところと比べ、キューティクルがはがれているところは水分量がふえて膨張するため、不規則にうねってしまう、というわけです。

 

スポンサーリンク

 

雨の湿気による髪のうねり対策

それでは具体的に、湿気によるうねりを防ぐ方法を見ていきましょう。雨の当日に、その場でできる対策と、根本的に髪を改善していく対策の二重の構えでいけばバッチリです。

 

雨の日当日にできるうねり対策

ミニヘアアイロンを使う

外出先など、どこでも使える、充電式ミニヘアアイロンで、こまめにうねりを伸ばしましょう。ヘアアイロンは使いすぎると髪が傷みますが、雨の日限定なら大丈夫です。使うときはヘアアイロンから髪を守るスプレーを使うとより安心ですね。

 

スプレーで固める

髪の毛全体は少々難しいですが、とくに気になる前髪のうねりなら、スプレーで固めてしまうという手もあります。ガチガチに見えないけどしっかり固まるスプレーを使ってくださいね。

 

ヘアオイル・ワックス

ヘアオイルやワックスをぬって、うねりや広がりを押さえましょう。

 

髪を結ぶ

どうにもならない場合は髪を結んでヘアアレンジを楽しむといいですね。編み込み、シュシュ、バレッタなどをうまく使うと可愛いですね。

 

ヘアアレンジ

 

日頃やっておきたいうねり対策

上でご説明したとおり、うねりの原因は髪のダメージですから、髪を健康にしていけばいいわけですね。普段からのお手入れで、少しずつ改善していきましょう。

 

髪を清潔に保つ

シャンプーで髪や頭皮の汚れを落とし清潔に保ちましょう。キューティクルを壊さないようにやさしく洗います。時々トリートメントをして髪に栄養を与えましょう。

 

洗髪後はちゃんと乾かす

ドライヤーの熱が髪に悪いのではと、シャンプー後に髪がぬれたまま乾くまで放置していませんか?髪は濡れた状態だと少しの摩擦で簡単に傷がついてしまいますのでドライヤーで乾かしましょう。もちろん温度には気をつけてくださいね。

乾かすときは、根本→毛先、の順番です。

 

ブラッシング

毎日ブラッシングをして髪の絡まりや汚れを落とし、つやを出しましょう。根本から毛先へとブラッシングするとキューティクルを痛めず美しくまとまります。

 

ストレートパーマ・縮毛矯正・ストカール

ストレートパーマや縮毛矯正はおすすめです。どれだけ雨が降っていても髪はさらさらです。真っ直ぐになりすぎるんじゃないかと思うかもしれませんが、美容師さんに希望を伝えれば上手にやってくれます。

また、ストカールだと、ストレートをかけてから、すそをパーマでカールするので、ふわっとした感じになれますよ。一度ためしてみてください。

わたしもずっと悩んでいましたが、縮毛矯正をしたら解決しました!何でもっと早くやらなかったのかな〜と思いましたよ。

 

髪型OK

 

湿気に負けない

雨の日の湿気で髪が大変なことになったら、ぜひご紹介した方法を試してみてくださいね。

雨が降るたびに憂鬱になっていては、あなたの魅力も半減です!髪のうねり対策をして、雨の日も1日笑顔で行きましょう!

 

スポンサーリンク

 

 - カラダ