出産・育児・子育て

「あたしお母さんだから」も「あたしお母さんだけど」も両方いい!ハッピーに生きよう!

投稿日:

ハート

「あたしお母さんだから」という歌の歌詞について、世の中のお母さんの間で賛否両論が繰り広げられています。

歌の内容に違和感を感じたお母さんたちが、「あたしお母さんだけど」というフレーズを使って、Twitterなど、ネットで思いを表現しています。

「あたしお母さんだから」とは、一体どういう内容の歌なんでしょうか?

 

 

「あたしお母さんだから」ってどんな歌?

あたしお母さんだから」は、テレビ番組の「おかあさんといっしょ」のお兄さんだった横山だいすけさんが歌っている曲です。歌詞は絵本で人気の、のぶみさんが担当しています。

なぜこの歌が話題になっているのか?それはその歌詞にあります。

 

歌詞を載せることができないので、内容だけ紹介しますね。

歌詞は、子どもをもったお母さんが、自分の気持を表現したものになっています。

以前は、仕事を頑張っていたし、好きな服を着て好きなことをして、好きなようにお金も使って、全部自分中心に生きていた。

だけど、子どもが産まれてからは、ヒールを履くのも辞めてラフな格好にし、子どもの好きな料理を作り、すべてを子ども中心に過ごしている。

自分中心から、すべてが子ども中心になってしまったけれど、お母さんになれたのだから、全然かまわない。

お母さんになれてよかった。

大ざっぱですが、大体こういった内容です。(歌詞はネットで検索すると見つかります。)

 

「あたしお母さんだけど」というフレーズが出てきた理由

この歌の歌詞を見て、違和感を感じたお母さんたちもいました。

なぜなら歌詞の内容が、母親の自己犠牲を強いているように感じたからです。子どものために自分の好きなものをあきらめなくてはいけないの?と思ったんですね。

それで、「あたしお母さんだけど」というフレーズを使って、Twitterなどで思ったことを発信しているというわけです。

あたしお母さんだけど、ライブ行くよ。あたしお母さんだけど、ネイルするよ。みたいな感じです。

 

スポンサーリンク

 

「あたしお母さんだから」も「あたしお母さんだけど」も両方いい!

「あたしお母さんだから」について、わたしも最初は「子どものために全部諦めろっていうの…?」と思いました。

でも、歌詞を一番最後まで読んでみると、この歌に出てくるお母さんは、そうやって子ども優先で頑張ることがハッピーな人なんだということがわかります。

ネイルを辞めても、早起きしても、カレーライスが甘口になっても、そんなことよりも、子どものお母さんになれたことが嬉しいんですね。

 

反対に「あたしお母さんだけど」のお母さんたちは、子どもも大切だけど、自分の欲求も尊重することがハッピーな人と言えます。

自分と子どもと、両方の優先度を上手に調整して子育てしていくタイプですね。

 

これって、どちらもお母さん自身がハッピーな方を選んでいますよね?

だからどちらもOKだと思うんです。

 

「あたしお母さんだから」の歌は、できなくなったことの歌詞が目立ってしまうので、一見なんだか母親の自己犠牲を美化して押し付けているように感じてしまいますが、最後まで読めば、他のお母さんに同じことを強要しているわけではないと感じます。

100%子ども優先だとしても子どもがいるのが嬉しい〜!というお母さんの心情を歌った歌だと言う感じです。

 

「あたしお母さんだから」は、本人が嫌ならともかく、幸せなんだからOKなはずです。

裏を返すと、「あたしお母さんだから」の人は、すべてを子ども優先にしないとハッピーじゃないわけです。

「あたしお母さんだけど」の人は、すべてを子ども優先にしたらハッピーじゃないわけです。

自分の好きなこともできるだけ辞めないで、子育てをしていくのが幸せなんですね。

 

違った考え方があるというだけではないでしょうか?

 

大掃除はバッチリ

 

まとめ

わたしの知り合いに、お母さんになってもネイルを綺麗にして、ヒールのある靴を履いていた人がいます。

彼女はネイルをしていたほうが自分がハッピーだったし、ぺたんこ靴よりも慣れたヒールのほうが歩きやすく、ダッシュもしていました。(笑)

反対に、とってもオシャレな人だったのに、お母さんになったら、見なりに気を使わなくなったという例もあります。

 

子育ては大変です。ストレスも溜まります。

ですから、まずはお母さんがハッピーでいることが第一じゃないでしょうか?

 

「あたしお母さんだから」自分が我慢して、生活の全部が子ども優先になったとしてもハッピー!というママさんたち。

「あたしお母さんだけど」自分の好きなことは続けながら、子育てをするのがハッピー!というママさんたち。

どちらも、お母さんがハッピーならそれでいい。

元気に子育てしていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

-出産・育児・子育て

【あなたにおすすめの記事】

Copyright© すべての女性のお役立ち情報 - YOU GO, GIRL! , 2018 All Rights Reserved.