流産の報告がつらい…親や友人、職場への伝え方・タイミングは?

   

四つ葉のクローバー

赤ちゃんを授かっても、残念なことに流産になってしまうことがあります。

女性にとってこの上もなく辛いことで、流産の報告をどうしたらいいのか悩んでいる場合も多いです。

 

特に、あなたの妊娠を一緒に喜んでくれた、両親や友人への報告はしづらいですね。

また、あなた自身がまだ、流産のことを誰かに伝える準備できていない場合もあります。

 

今回は、つらい流産の報告について見ていきたいと思います。

親や友人、職場への伝え方・タイミングについて、一緒に考えていきましょう。

(注:この文章を読むだけでも辛いという場合は、無理せずに、すぐにページを閉じてくださいね。)

 

スポンサーリンク

 

流産の報告はいつ、どうやってすればいい?(相手別対処法)

流産のことを伝えなくてはいけない人は

  • あなたの両親
  • あなたの旦那さんの両親

ですね。

そして、もしも働いている場合は、

  • 職場の上司

への報告も必要です。

 

また、必ずする必要はありませんが、仲のいい友達であなたの妊娠のことを喜んでくれていた人達へは、伝えておきたいと思うかもしれませんね。

あなたが無理をせず、これらの人たちへ伝えるにはどうしたらいでしょうか?

 

自分の両親へ

・すぐに報告する

あなたの妊娠を一緒になって喜んでくれた自分の両親には、とても報告しづらいですよね。

でも、両親は、あなたのことを一番に想ってくれていますので、早く報告するようにしましょう。

 

面と向かっていうと、つらくなってしまうので、あなたのお母さんに電話で報告し、お父さんにはお母さんから伝えてもらうといいですね。

短い言葉で十分伝わると思います。

 

ご両親は、あなたのお身体のことを一番に心配してくれると思います。

つらい時期は、たっぷり甘えてくださいね。

 

義両親へ

・夫からなるべく早く報告してもらう

孫の誕生を楽しみにしてくれている義両親にも、なかなか伝えづらいものですよね。

自分の両親に伝えるのも辛いのに、義両親にはもっとつらいですね。

 

あなたは無理をせず、旦那さんから電話で伝えてもらうのをおすすめします。

義両親の場合も、妊娠報告を聞いて、親戚に伝えたり、出産用品を準備してしまうかもしれないので、なるべく早めに報告するようにしましょう。

 

ハート

 

職場へ

・早めに上司にメールで報告する

職場への連絡は早いほうがいいでしょう。しばらくは休暇を取らなければいけないので、連絡は必要です。

直接、電話で伝えるのは辛いと思いますので、直属の上司に、メールで報告することをおすすめします。

 

そして、あなたがお休みする間に、上司から周りの方に伝えてもらうといいでしょう。

会社の方たちとは、これからも毎日顔を合わせることになるので、何も知らない人から近況を聞かれることになると、つらいです。

早めの報告がいいでしょう。

 

友人へ

・あなたのタイミングでメールで報告する

友人への報告もつらいですよね。友人への報告は、急がなくてもいいと思います。

あなたが伝えようと思った時期に、メールで報告するのがいいでしょう。

 

実は、わたしも数年前に、友人から流産の報告をメールで受けました。とてもショックで、友人の気持ちを思うと、涙が溢れました。

どのような返信をしても、彼女を傷つけそうで、しばらく悩んだことを今でもはっきりと覚えています。

 

わたしの友人はとても強くて優しい人で、数ヵ月後、「元気になったからもう大丈夫。ありがとう。近々会いたいな。」と、メールをくれました。

とても嬉しかったです。あなたが元気になったとき、その連絡をしてあげると、あなたの友人も喜びますよ。

 

スポンサーリンク

 

流産の報告をするときに心にとめておいてほしいこと

直接話すのが辛いときは、メールで連絡する

直接の報告や電話での報告は、涙が出て話せずに、よけいに辛くなってしまうかもしれません。

メールでの報告で、十分に伝わりますよ。

何よりも無理は禁物です。あなたの楽な方法で、報告しましょう。

 

旦那さんから報告してもらう

義両親への報告は、旦那さんからしてもらうことをおすすめしましたが、あなたからまだ話せない場合は、両親や職場への連絡も、旦那さんにしてもらってもいいと思います。

「妻は今ショックで伏せっているので、僕から連絡させて頂きました。」と聞いて、怒る人は誰もいません。

一番の悲しみの理解者である旦那さんに頼りましょう。

 

本当に仲の良い友人だけに報告する

友人皆に、律儀に報告する必要はありません。友人の心無い励ましの言葉に傷つけられたという話はよくあります。

あなたのことを本当に想ってくれている友人だけに、あなたのタイミングで報告すればいいのです。

大切な友人への報告で、あなたの心が少し楽になるかもしれません。

 

辛い時は無理して、すぐに報告しない

本当に辛い時は、無理して報告しなくても構いません。あなたのタイミングで報告しましょう。

今一番大切なのが、あなたの身体と心です。

悲しみは、必ず時間が解決してくれます。ゆっくりと時間をかけましょう。

 

「また、こちらから連絡します」と、しばらくそっとしてほしいということを伝える

家族や友人に話を聞いてもらって発散させる人や、一人になって、ゆっくりと心の中を整理したい人など、立ち直り方は人それぞれです。

もし、あなたが後者の場合は、今は無理に人と会う必要はありません

 

流産の報告を親しい人にすると、心配して、会いに来てくれるかもしれません。

でも、それが今のあなたの負担になると思うならば、報告のときに、「また、こちらから連絡します」と伝え、しばらく会いたくないという意志を伝えましょう。

あなたの気持ちを必ず分かってくれますよ。

ハートのブーケ

 

ゆっくり元気になって!

とても辛い思いをされましたね。でも、こちらの記事を最後まで読んでくれて、前に進もうとしているあなたは、とても頑張り屋の強い人です。

今は、無理をする必要はまったくありません。しっかりと、身体と心を休めてください。

そして、思いっきり周りの人に甘えてください。

 

必ず時間が癒してくれます。応援しています。

 

スポンサーリンク

 

 - 出産・育児・子育て