オシャレ マナー

就活女性のクールビスはどんな服装?夏の就活を涼しくする術

投稿日:

女性2

夏の暑い時期の就職活動は大変ですよね。リクルートスーツなどをぴしっと着込んで、好印象を与えたいけれど、暑くて汗がダラダラになってしまいますね。女性はお化粧の落ちも気になります。

夏の就職活動中、企業側に悪い印象を与えずに、少しでも涼しく着こなす方法はないでしょうか?また、企業側からクールビズで来てくださいといわれた場合は、どうしたらいいんでしょうか?

一緒に見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

夏の就活!女性の基本の服装と涼しくする方法

夏とはいえ就職活動ですので、企業側から特に指定がない場合は、基本としてリクルートスーツです。

  • ジャケット
  • シャツ
  • スカート・パンツ
  • 肌色のストッキング
  • パンプス

まずはこの基本を崩さず、できるだけ涼しくなれる方法をご紹介します。説明会や面接で、汗ダラダラ、お化粧ボロボロの姿だけは避けたいですね。

 

太陽

 

スーツ(ジャケット・スカート)

リクルートスーツは、オールシーズンのものを来ている女性も多いと思いますが、猛暑の夏は、夏用のスーツを用意することをおすすめします。

夏用のスーツは涼しく、また手入れが楽なように、いろいろな工夫がされています。

 

  • クール仕様で太陽光をブロックし、スーツの表面・内面の温度を低く保つ
  • 薄くて軽い裏地、または裏地が少ない背抜き仕様
  • UVカット加工で紫外線も安心
  • 家で洗濯可能
  • しわになりにくい

 

オールシーズンのリクルートスーツと比べ、体感温度がかなり変わってきますので、一度試してみてくださいね。

また、夏は1回で汗だくになりますので、自宅の洗濯機でジャブジャブ洗えるというのもポイントです。汗が乾いて白く浮き上がっているリクルートスーツは恥ずかしいですね。

 

ジャケットをずっと着ていると汗だくになりますので、訪問する企業の近くに来たら着るようにするといいですね。ただし、会社の目の前で着てはいけません。かならず会社が見えないところで事前に着ましょう。

また、暑くても上着を手に持っての訪問はだらしなく見えてしまうので、かならず着用して訪問しましょう。

 

スーツ

 

ブラウス・シャツ

ブラウスも同様、夏用の冷感タイプがおすすめです。

カットソータイプのものもありますが、ブラウスの方がかっちり見えますので、ブラウス系を選びましょう。透けない素材が基本です。

ジャケットを脱がない場合は、半袖でも大丈夫ですが、脱ぐ可能性がある場合は、長袖のブラウスを着用します。半袖だと露出が多く見えてしまう可能性があるからです。

 

また、ブラウスの下の下着も同様、涼しく感じるもの、汗がすっと乾いてサラサラのものを選ぶといいですね。

脇汗が気になる場合は、脇汗パッドも使用しましょう。

 

肌色のストッキング

ストッキングも夏用の冷感タイプがあります。はくだけでひんやりするものや、おしりの部分がメッシュになっていて涼しいものなどを利用するといいですね。

 

黒のパンプス

パンプスは特に新しくする必要はありません。いつも使っているものを履いていきましょう。ひんやりしつつ、蒸れや匂いを防止する中敷きを敷くのがいいですね。

 

小物

あまりに日ざしが強いときは、日傘を利用しましょう。直射日光を遮ってくれるので、化粧崩れ予防にも役立ちます。日傘は折りたたみのもので、色はがいいですね。 ピンクやブルーは避けましょう。

また、必ず訪問先の会社が見えないところで畳み、カバンの奥にしまってから行きましょう。

 

スポンサーリンク

 

就活女性のクールビズはどんな服装?

企業によっては、「クールビズで来てください」と言われることがあります。 でも、一言でクールビズと言っても、幅がありますし、人によって感覚が違いますよね。

あなたが大丈夫だと思っていても、企業側にとったらちょっとラフすぎ るな、という印象になることだってあり得ます。どうするのが一番いいでしょうか?

 

女性

 

まずはリサーチ

せっかくの面接なのに、事前から考えておける服装で、マイナスの評価を下されるのはイヤですよね。

まずは、その企業に勤めている知り合いや、大学の先輩などに、その企業の「クールビズ」の程度を聞いてみましょう。なぜかというと、「クールビズで」と言いつつも、ジャケットなしの服装を良く思わない採用担当者も多いからです。また就活生側も、思い切りクールビズで面接に行くという判断をする人は少ないです。

 

しかし、公務員の場合の就活では、クールビズが「必須」です。これにジャケット着用で行ってしまうと、理解力のない就活生になってしまいます。

このように、企業によって「クールビズ」のとらえ方はさまざまです。事前に必ずリサーチをして、その企業にあった「クールビズ」で臨みましょう。

 

迷ったときのクールビズは

その企業に知り合いもおらず、ネットで調べてもよくわからなかった、という場合は、なるべく堅めにしておくと安心です。

簡単に言うと、上でご紹介した基本の夏就活ファッションで、ジャケットのみを脱いだ服装です。ジャケットを着ていないので、涼しく見えますが、印象はかちっとして見えます。このくらいのクールビズが一番無難でおすすめです。

 

会社

 

夏の就職活動がんばって!

夏の暑い中の就職活動は大変ですね。ご紹介した方法で少しでも涼しい着こなしをして、説明会・面接に臨んでくださいね。

会社訪問の場合は、時間に余裕を持って出発して、直前に一度クールダウンするといいですね。

 

また、よく訪問先企業に着いたら、化粧室で化粧を直してから臨みましょう、と書いてあることがありますが、訪問先の企業の化粧室で化粧直しをしてはいけません。企業の方に見られる可能性があります。化粧を直す場合は、最寄り駅や商業施設などのお手洗いを利用しましょう。

 

暑さに負けず、就職活動がんばってくださいね!うまくいくよう応援しています!

 

 

 

スポンサーリンク

 

-オシャレ, マナー

【あなたにおすすめの記事】

Copyright© すべての女性のお役立ち情報 - YOU GO, GIRL! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.