つわりがひどくて仕事を休みたい・辞めたいと思うのは甘え?対策法は?

      2017/02/02

卵からハート

赤ちゃんを授かることは、本当に嬉しくてハッピーなことですね。でも、大変なのが妊娠初期の「つわり」じゃないでしょうか。

普通にしていても辛いのに、仕事をしている女性だったら、通勤や仕事のプレッシャーで尚更しんどいはずです。

 

会社に迷惑をかけたくないけれど、つわりの吐き気などは自分ではどうすることもできないものです。

また、初めての赤ちゃんの場合は、この先自分の体調がどうなっていくのか予想がつかず、このままずっと気持ちの悪い状態が続くんじゃないかと、不安な気持ちになってしまうのも無理はありません。

 

こんな時、わりがひどくて仕事を休みたい・辞めたいと思うのは甘えなのかな…?」と板挟みで悩む女性は多いです。

できればこの先も仕事を続けていきたいと思っている場合、何とかうまく対処していく方法はないんでしょうか?見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

つわりがひどくて仕事を休みたい・辞めたいと思った時の対策法

最初に言っておきます。

大丈夫、つわりで仕事を休みたい・仕事をやめたいと思っても、それは決して甘えではありません。安心してくださいね。

 

つわりを経験したことがない人に、どんなに辛いかを説明しても、理解してもらうのは難しいですね。つわりは病気じゃないんだから!と思っている人もいるでしょう。

つわりのため吐き気で起き上がれず、一日寝たきりになることだってありますよね。でも経験がなければ、そんなことわかりません。

会社で今までに妊娠した女性が、つわりの軽い人だった場合、男性社員などはそれを基準に考えてしまうということもあるでしょう。

 

まずは、そう考える人がいても仕方ないんだと割り切ってしまう、というのをやってみてください。周りの人があなたの状況を自動的に理解してくれるだろうという考え方をやめることです

そして、仕事を辞めてしまう事を考える前に、つわりとつきあいながら仕事が続けられるように、あなたにできることをしていくのがおすすめです。

 

会社に相談する

つわりが辛くて会社を休む場合、普通の病欠と同じで、最初は誰も気にしないはずです。でも、何度も休むようになるかもしれませんよね。

まずは、早い段階で会社に相談するのがおすすめです。何も言わなければ、会社側もあなたの状況を把握できません。

 

あなたの今の状態を説明して、つわりのためお休みをいただくことが多くなるかもしれない、と報告・相談しておきましょう。

つわりの状況に合わせて、会社側が、仕事の配分を調整したり、勤務時間を短縮したり、しばらく休みをくれるなどの対応を考えてくれるかもしれません。

立ち仕事であれば、座れる業務の方にまわしてもらえるかもしれませんね。

 

自分の中で抱えていないで、まずは会社側とはしっかりと話しをすることが大切です。そして一番いい解決法が見つかるように努力していきましょう。

 

同僚にも一言言っておく

あなたがお休みをした時に一番迷惑を掛けてしまうのは、仕事仲間ですね。

同じ部署であなたの仕事と関わりがある人たちに、一言声をかけておきましょう。細かいところまで言う必要はありません。

 

「つわりがひどいので、しばらくはご迷惑をかけることがあるかもしれません。」というように伝えておくのがいいですね。

状況ががわかっていれば、みんな協力してくれるはずです。一番いけないのは、何も言わないことです。

また、休む時はしんどくても電話連絡をして、あなたの抱えている仕事の状況を伝えるのだけは忘れないようにしてください。

同僚

会社のつわり経験者の話を聞いてみる

あなたの会社の女性で、つわり中に勤務していた人はいませんか?

その人にどうやって仕事をしながらつわりを乗り切ったか、話を聞いてみるのもおすすめです。もしかしたら思いがけずいいアイデアをもらえるかもしれません。

 

無理のない範囲で頑張る

無理をしすぎるのはよくありませんが、体調がいい時は挽回するつもりで働きましょう。

つわり中は大変ですが、無理のない範囲で頑張るのがおすすめです。

 

医師に相談してみる

いつも赤ちゃんの検診してもらっている医師に相談してみるのもいいですね。つわりの辛さを軽減できるような方法をアドバイスしてもらいましょう。

看護師さんや助産師さんだと、より話しやすいかもしれませんね。何人もの妊婦さんと接してきたはずですから、きっとヒントがもらえるはずです。話を聞いてもらうだけでもスッキリしますね。

 

会社を辞めるのも一つの方法

とはいえ、あなた自身が辛くて、仕事を続けていけない状態であれば、退職するのも一つの方法です。

あなたの体のことを一番わかっているのは、もちろんあなただけです。赤ちゃんに万が一のことがあっては大変です。

精神的・体力的に無理だと思ったら、会社をやめましょう。ただし、辞めるときも会社とはしっかり話をしてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

つわりがひどくて仕事を休みたい・辞めたいと思うのは甘えではない

つわりがしんどいからって、仕事を休むのは甘えじゃないのかな…。同僚への罪悪感も感じるな…。

そう考えるあなたは、とても真面目で自分に厳しい頑張りやさんのはず。しっかり仕事をしなくてはいけないという責任感があるから、自分は甘えてるんじゃないかと思うんですね。

大丈夫ですよ、甘えじゃないです。

 

まずは今回ご紹介したようにあなたにできることをして、なんとか上手に会社を休みながら、仕事とつわりを両立していけるようやってみましょう。

もちろんつわりの程度は人によって本当に違いますので、あなたの体調だけは気をつけてください。

 

心配しすぎるよりもまずは動いてみるのがおすすめです。案外思いもよらなかった解決法が見つかったりします。

何にしても、お腹の赤ちゃんを守れるのは、ママであるあなただけです。無事に出産することを第一に考えて、つわりを乗り切ってくださいね!

 

スポンサーリンク

 - 出産・育児・子育て ,