高校のクラス替えが怖い?自己紹介を上手にして友達を作ろう!

   

女学生

4月は新学期の季節ですね。高校や中学校などでは、学年が上がると同時にクラス替えも行われるんじゃないでしょうか。

新学期前には、クラス替えが心配で不安な気持ちになってしまう生徒も多いです。せっかく仲良くなった友達とクラスが別れてしまって、また一から友達を作らないといけないなんて最悪…。

社交的じゃないからどうしよう…最悪ぼっちになっちゃうかも…。そんなふうに想像すると怖いですね。

 

そこで今回は、クラス替えで仲のいい友達と別れてしまった時、新しい友達を作るための、上手な自己紹介の仕方をご紹介します!

不安になるけどきっと大丈夫! 落ち込まないで頑張ろう!

 

スポンサーリンク

高校・中学のクラス替え 自己紹介のポイント

たくさんの人が自己紹介をしているのに、なんとなく印象が良かったり、記憶に残ったりする人っていますよね。

自己紹介をするときには、第一印象を良くするポイントがあります。

  • 必ず笑顔で
  • 大きな声ではっきり・ゆっくり話す
  • ちょっと高めの明るい声で話す
  • 相手を意識して話しかけるようにする
  • 呼んでもらいたいあだなも言う
  • 好きなこと・趣味などをたくさん挙げる
  • 自己紹介の文章を作って練習していく
  • 清潔感のある格好
  • 背筋を伸ばす

なんかいっぱいあるな〜と思うかもしれませんが、よく読んでみるとどれも難しくないので安心してくださいね。

では順番に見ていきましょう。

必ず笑顔で

これは基本中の基本ですね。無表情の人よりも笑顔の人のほうが絶対に印象は良くなります。グンと話しかけやすいイメージですよね。

クラス替えで知らない人もいて緊張してしまいますが、頑張って笑顔だけはキープしましょう!

ちょっと無理〜と言う場合は、口角(口の端)を上げることを意識するのがコツです。

 

大きな声ではっきり・ゆっくり話す

自己紹介の時、恥ずかしいので、どうしてもモゴモゴと小さい声になってしまうことがありますね。しかも早く終わりたくて早口になってしまいがちです。これはNGです。

大きめの声ではっきり話しましょう。また気持ちゆっくりめに話したほうが聞きやすいです。

 

クラスで一人ずつ自己紹介をする場合などは、クラスメート全員にあなたをアピールする場をもらえているのですから、クラスのみんなにあなたの言っていることが伝わらなければ、もったいないです。

しっかり伝わっていれば、きっとクラスの中の何人かが「お?気が合うかも。」と思ってくれるはずです。

 

ちょっと高めの明るい声で話す

できれば、少し高めの声で明るく話すのがおすすめです。嬉しいときや元気な時、声のトーンが上がりませんか?

低い声で話すよりも、ずっと印象が良くなって、とっつきやすくなります。

 

相手を意識して話しかけるようにする

クラスのみんなに自己紹介をしているのならば、みんなの方に身体を向けて話しましょう。また、「みなさん」のように、話している対象に呼びかけるのがおすすめです。

一対一の場合は、相手の目をしっかりと見て話しましょう。また、相手の名前がわかったら会話に「○○さん」というように、意識して相手の名前を入れるようにしましょう。

自分の名前を呼ばれると、なんだか相手と近くなった気分になるものです。

女学生

呼んでもらいたいあだなも言う

自己紹介では自分の名前を言いますよね。その後に「○○と読んでください。」とあだ名やニックネームなど、今後あなたが友達に呼んでほしい名前を付け加えましょう。

これには理由があります。普通に名前を言っただけだと、よっぽど変わった名前でなければ印象に残りませんよね。そこで、あだなを繰り返すことで、名前を2回伝えることができます。

また、当然本名よりも、あだ名の方が覚えやすいですから、記憶に残りやすくなります。

 

好きなこと・趣味などをたくさん挙げる

あなたは好きなことや趣味、興味のあることなどがたくさんありますか?だったらちょっと多めに言うのがおすすめです。

スワロのデコ、野球観戦、俳優の○○、お笑いの○○、などのように、いくつも挙げれば、クラスメートで同じものが好きな人がいる人数も多くなりますね。

聞いている方も、「あ、同じ趣味だ!」なんて思って、あなたのことをマークするはずです。

 

清潔感のある格好

さて、上でご紹介してきたように、自己紹介の内容や話し方はもちろんですが、見た目も大事です。

髪の毛がボサボサだったり、制服がしわしわだったりすると、印象がよくないですね。はじめが肝心ですから、清潔感のある格好を心がけましょう。

 

背筋を伸ばす

姿勢もとても大事です。恥ずかしくて猫背になりがちですが、意識して背筋を伸ばしましょう。

しっかりと背筋を伸ばして胸を開いていると、他社に対してもオープンな印象になります。そして、自信があるように見えるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク

クラス替え後の自己紹介 文例

では、実際に自己紹介にどう言ったらいいのか、クラスでやる自己紹介の一例を、具体的な例文で見てみましょう。

みなさん、はじめまして。

○○○○といいます。

ニックネームは「○○」です。

みなさんもぜひ○○と呼んでください。

部活は○○部です。

趣味はスワロフスキーで何でもデコることです。最近はネイルにも興味があります。

好きなものはリラックマで、もう5年くらいグッズを集めています。

お笑いの○○、俳優の○○、マンガの○○も大好きです。

わたしと同じ趣味の人がいたらぜひいろいろと話したいです。

クラス替えで仲が良かった友達と別れてしまいました。

新しい友達をたくさん作りたいと思っています。

1年間どうぞよろしくお願いします。

 

名前とニックネームを複数回言うことで覚えてもらいやすくなりますね。また、好きなものをたくさん言うことで、同じ趣味の人が話しかけやすくなります。

そして、クラス替えで仲が良かった友達と別れてしまったということで、クラス内で同じ立場で不安になっている人と仲良くなりやすいですね。

 

こんな感じであなたに合った自己紹介文を作ってくださいね。

また、スラスラ言えるように練習しておくといいですね。鏡の前でやれば、笑顔や姿勢のチェックもできます。

女学生

学校のクラス替えでの自己紹介 まとめ

高校・中学のクラス替えで、仲のいい友達と別れてしまったらショックですね。

でも、なってしまったなら仕方ありません。自己紹介を上手に利用して新しい友だちを作りましょう!

案ずるより産むが易し。きっと数カ月後には仲のいい友達と楽しい学校生活を送っているはずですよ〜。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

 - 行事