新盆(初盆)の服装マナーは?暑い夏だから普段着で大丈夫?

      2016/06/14

ほおずき

新盆(にいぼん)または初盆(はつぼん)を知っていますか?どちらも意味は同じです。文字の通り、新しいお盆、初めてのお盆、という意味ですね。

誰かが亡くなった後、残された家族・親族がその故人の供養をする、初めてお盆のことです。

 

もしあなたが、この新盆(初盆)に呼ばれた場合、どんな服装で行ったらいいのでしょうか?お葬式じゃなくて、ただのお盆だし、普段着でいいんじゃないかな…?という気がしますよね。

実際はどうなんでしょうか。一緒に見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

新盆(初盆)とは?

新盆(初盆)について、もう少し正確に説明をしておきますね。新盆(初盆)は、誰かが亡くなった後、四十九日が終わってから初めて迎えるお盆の事です。

お盆には亡くなった方があの世からこの世に戻ってきますよね。でも、亡くなったばかりの方は、四十九日の間は、まだ、あの世には行けていないんです。

 

ですから、四十九日が過ぎてあの世に行けてから、お盆の供養をすることができるという訳ですね。

そして、この新盆(初盆)は、故人にとって初めてのお盆ということで、特に大事な行事となっているんです。

 

お盆

 

新盆(初盆)の女性の服装は?

新盆(初盆)に呼ばれるのは、ほとんどが親族となります。あなたが呼ばれたのであれば、故人のお葬式にも参列していたはずです。つまり、故人ととても近しい関係にあったということですね。

 

基本は喪服

故人の親族という近い間柄であることから、基本は喪服を選びましょう。初めてのお盆は、普段のお盆よりも重要な意味を持ちます。ちゃんとした服装がおすすめです。

でも、夏は暑いですよね。できるだけ涼しくなるように、少しでも工夫しましょう。こちらの記事で、女性の夏の喪服について詳しく説明していますので、参考にしてみてくださいね!

参考記事 夏の喪服はどうするべき?夏の葬儀での女性向け服装マナー!

 

喪服

 

喪主から喪服以外でOKと言われた場合

喪主の方から事前に「喪服でなく涼しい格好で大丈夫です。」と言われた場合はどうでしょうか。もしそう言われたとしても、おすすめはやはり喪服です。

ただし、親族で話し合って、全員が喪服で行かないという事になった場合は、もちろんそれに合わせましょう。当日に居心地の悪いことにならないように、事前に確認しておくと良いですね。また、地域によってもかなり違いますので、その辺は臨機応変にしてくださいね。

 

さて、喪服でなくてもいいとしても、夏の派手な普段着でいいわけではありません。普通のお盆に訪ねていくだけであれば、普段着でかまいませんが、今回は新盆(初盆)です。

ワンピース、またはブラウスとスカートなどでかまいませんが、色は黒っぽい色のもので、形も地味なものを選びましょう。なるべく半袖は避け、七分袖程度にして、露出をおさえます。また、派手なアクセサリーはつけずストッキングも黒が無難です。

 

スポンサーリンク

 

新盆(初盆)の服装マナーはこれでOK!

新盆(初盆)は、初めてのお盆ということで、とても大切な供養の機会です。亡くなった方も、あの世からこの世へ帰ってくるのが初めてですから、みんなで敬意を持って迎えてあげたいですね。

ぜひ、ご紹介した服装マナーを参考にして、しっかりと故人の供養をしてあげてくださいね!

 

icon-heart お盆関係ならこちらの記事もおすすめ!

お盆のお墓参りはいつするべき?行けない場合は?マナー紹介

 

 

スポンサーリンク

 

 - マナー