結婚式のストッキングのマナー!色は黒だとダメ?柄物は?

      2017/03/01

結婚式

結婚式に招待されると、まっさきに考えるのが服装ですよね。お祝いの場にふさわしい、マナーに沿った服装にしていくはずです。

では、足下に関してはどうでしょうか?結婚式の時は基本はスカート系なので、ストッキングを履くことになります。結婚式にふさわしいストッキングはどういうものか知っていますか?

 

可愛い柄が入ったり、スワロフスキーがついていたりするストッキングは、結婚式に履いていってもいいんでしょうか?また、秋や冬には、黒やカラーストッキングが可愛いけれど、おめでたい場所でも大丈夫?はたまた、白いストッキングは?

結婚式に招待されたときの、ストッキングに関するマナーを見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

結婚式のストッキングマナー

結婚式のストッキング:基本

結婚式に参列する時にフォーマルに履くストッキングは、基本、無地でナチュラルなベージュのものとされています。ストッキングで、大丈夫かどうか迷ったときは、無地のベージュにしておけば間違いありません。

また、厚さはタイツのように厚すぎないものを選びましょう。厚くなっていくと段々カジュアルになってしまいます。

 

実はベージュのストッキングは、断然足がキレイに見えます。また、暗い色のストッキングにくらべ、ぱっと見の印象が明るく、結婚式にのようなおめでたいフォーマルな場では一番なのです。

新郎・新婦の親族には年配の方も多いはずですので、基本のマナーを守っていきましょう。また、あまり親しくない人(遠い親戚や旦那様の親戚など)の結婚式の場合や、格式の高い結婚式の場合は、特に、変に目立たないよう無地のベージュにしておきましょう。

 

ドレスの女性

 

黒や色つきのストッキングは?

黒のストッキングは、お葬式を連想させてしまうため、基本的にはNGです。

ただし、今は服に合わせて黒のストッキングをはいている人も多くなっています。特に若い人に見られますね。寒い時期であったり、カジュアルな結婚式の場合は、許容範囲でしょう。

 

色つきのストッキングは、普段づかいといった感じで、フォーマルから離れてしまいますので、避けましょう。白いストッキングも同様です。

 

柄物や網タイツは?

柄については、ストッキング全体に入っているものはやめましょう。くるぶしの所にワンポイントの柄がある程度であれば大丈夫です。可愛いですよね。

また、黒の網タイツは絶対にやめましょう。花嫁や呼ばれている人たちがファッション業界系など、特殊な場合を除いては、NGだと思っておいてくださいね。ベージュ系でもおすすめしません。

 

ラメやスワロフスキーの飾りは?

ベージュのストッキングであれば、おとなしめのラメ入り(シャイニーストッキングなど)なら問題ありません。スワロフスキーの飾りも、小さいワンポイントであれば、全然大丈夫です。

ラメもスワロフスキーもちょっと華やかになって、結婚式向きですね。

 

スポンサーリンク

 

結婚式はストッキングにも気をつけて

まとめると、結婚式のストッキングは

  • 基本はナチュラルなベージュで厚すぎないもの
  • ラメ(シャイニーストッキング)はOK
  • ワンポイントなら、柄やスワロフスキーもOK
  • カジュアルな場合のみ黒もOK

ということですね。

 

昔と違い、今は結婚式の装いも、かなり自由な感じになってきていますね。実際に結婚式に行ってみたら、黒の網タイツを履いている人がいたりします。

時代によって装い方も変わっていくものですが、やはり、基本のマナーは抑えておきたいですね。

 

ネットで「わたしの結婚式に友人が白いドレスで来て、悲しくなった。」という投稿を見かけます。ストッキングはそこまで影響はないかもしれませんんが、主役の花嫁さんを悲しい気持ちにさせないような装いを心がけましょう!

 

 

スポンサーリンク

 - オシャレ ,