卒園式のママのストッキングの色は?黒や柄物、ラメでも大丈夫?

   

女の子

もうすぐ卒園式の季節ですね。子どもの成長の一つの節目としてとても嬉しいものです。

せっかくの晴れ舞台、お母さんもきちっとした服装で臨みたいものですね。でも、初めてだとなかなかわからないことも多いはず。

バッチリだと思っていても、うっかりするのが「ストッキング」です。当日にスーツを来てから、「あれ、ストッキングって黒でもいいのかな?」なんて経験があるママさんがたもいるんですよ〜。

 

そこで今回は、ママさんが卒園式に履いていくストッキングのマナーについてご紹介します。

色はベージュ?それとも黒? 柄やラメが入っていても大丈夫なのかな…? 見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

卒園式のストッキング 色は何色?

卒園式などのお祝い事の場合、基本的にはストッキングの色はベージュです。

特に理由がないのであれば、ナチュラルなベージュ色のストッキングにしましょう。

 

卒園式の時のママさんたちの服装は、マナーとして暗い色のスーツがほとんどだと思います。通常、コサージュなどで華やかさを出しますが、ぱっと見ると暗い感じですね。

ですから足元がナチュラルベージュのストッキングだと、明るくなり、お祝い事に合った感じになります。

実際に卒園式のときに、お母さん方の足を見てみると、ほとんどの方はベージュのストッキングです。

ママ

黒のストッキングはダメ?

フォーマルな場で、黒の礼服に黒のストッキングの場合、それは葬儀を連想させるスタイルであるので、本当はNGであるということは頭に入れておくといいですね。

卒園式の写真に写る、黒スーツに黒タイツのママさんは、全身が暗い感じで、たしかに喪っぽく見えがちです。

ただ、最近は昔ほどこだわらなくなっている傾向はありますし、実際、黒のストッキングを履いているママさんもいますので、どうしても黒がいい!という場合は、許容範囲といえます。

紺やグレーのストッキングなどもありますが、これは避けましょう。

 

卒園式のストッキング タイツでもいい?

寒い地方の場合、タイツはだめかなあ…と思っている人もいるんじゃないでしょうか。

本来はタイツはマナー違反ですが、寒い地域であればタイツも大丈夫です。

卒園式会場となる体育館などは、とても冷えますよね。もしマナー的に心配であれば、ママ友や園の先生に聞いてみるのが一番です。

 

スポンサーリンク

卒園式のストッキング 柄・ラメ・ワンポイントは?

では、柄やラメ、ワンポイントなどが入っているストッキングはどうでしょうか?

基本は柄やラメ、ワンポイントが入っていないプレーンなストッキングを選びましょう

 

その基本をわかった上で、目立たないワンポイント程度なら問題ありません。

遠目から見ても目立つようなポイントのついたものや、キラキラしているもの、また、全体に柄の入ったストッキングはNGです。

 

卒園式のストッキングは無地のベージュにしよう!

卒園式にママさんが履いていくストッキングの基本は

  • ナチュラルベージュの色のもの
  • 柄やラメ、ワンポイントの入っていないプレーンなもの

が基本です。

まずは、これが一番の基本であると言うことを頭に入れましょう。

その上で、あなたの住んでいる地域や園のやり方などに合わせて柔軟に対応していくのがおすすめです。

 

昔と違い今は、何事も許容範囲が広がってきていますので、実際、卒園式に行ってみると、あんがいこの基本から外れている人もいたりします。

でも、「わたしのストッキング大丈夫かな…?」と心配しながら行って、式に集中できないと本末転倒です。心配ならば、基本を守った装いで行って、卒園式に集中しましょう。

卒園式の主役は子どもたちだとういうことを忘れないでくださいね。

素敵な卒園式になりますように!

 

スポンサーリンク

 - オシャレ, 出産・育児・子育て, 行事