夏用のストッキングの選び方!暑い夏もこれで快適!

      2016/08/01

足

夏のストッキング、どうしてますか?毎日すごく暑いから本当ならストッキングなんてはきたくない!という人も多いんじゃないでしょうか?

でも、生足っていうのも年齢的に大丈夫か迷うし、会社にはやっぱりストッキングが必要だし…。etc、etc…。ほんと、女性は大変ですね!

 

今回は、暑い夏のストッキング事情と、快適に過ごせる夏のストッキングの選び方について見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

世の女性は夏にストッキングをはいている?

夏のストッキング、本当に暑いですね!他の女性達は、夏にもストッキングをはいているのでしょうか?ネットの意見を拾ってみました。

 

icon-heart 夏はストッキングをはかない派

  • 暑いし窮屈だからはいていられない
  • 夏はサンダルが多いのではかない
  • はきたくないのでパンツルックにしている
  • おばさんぽいからはかない
  • 夏のカジュアルなファッションに合わない

 

icon-heart 夏もストッキングをはく派

  • 足が綺麗に見えるからはいている
  • 会社の規則・固い職業なのではいている
  • 年齢的に素足は無理だからはいている
  • 冷房で冷えやすいのではいている
  • 引き締め効果があるからはいている

 

女性

 

ストッキングをはかない派もはく派も、「夏のストッキング着用は暑すぎる!」という点では、意見は一致しています。真夏は本当に暑いですもんね。

それでもストッキングをはくという女性達で、一番意見が多かったのが、「足が綺麗に見えるから」というものです。確かに生足だと、蚊にさされた跡や肌の色ムラなどがそのまま見えてしまうので、ぱっと見の印象が美しくない場合がありますね。

 

そして、次に多かったのが、「仕事で着用が決められているから」でした。会社の規則でなくても、やはり生足は仕事には合わないと、自ら判断している女性が多いようです。

 

夏に黒ストッキングはダメ?

夏にもストッキングをはいているという女性たち。でも、そんな女性たちも「これはNG!」と言っているのが、黒いストッキングです。

やはり、暑い夏に黒いストッキングは暑苦しく見えてしまうんですね。そして、黒いストッキングをはいている女性までもが、TPOをわきまえない、お洒落でない女性に見えてしまうようです。黒いストッキングが好きな女性も、夏の間だけは肌色系を選んだ方が、お洒落に見えるかもしれませんね。

 

女性

 

ただし、消えない足の傷跡を隠したいなど、個人的な理由もあるかと思います。お洒落は他人のためにするわけではありませんから、あなたが黒ストッキングをはいている方が、ハッピーでいられるなら、誰が何と言おうとかまわずはきましょう。会社の規則に反したり、あなたが出かける場所のマナーに反するのでなければ、問題ありません。

あまり好きでない肌色のストッキングをはいて、居心地が悪いよりも、好きな黒いストッキングをはいて、いきいきとした表情をしている方が100万倍素敵ですね!

 

スポンサーリンク

 

夏のストッキングの選び方

さてさて、暑い夏に生足でいられる女性は、それでOK!でも、ストッキングをはくという女性のために、夏にはどんなストッキングを選んだらいいのかを見ていきましょう!

 

夏用のストッキング

ストッキング売り場に行くと、「夏用」と書いてある商品がいろいろありますので、ぜひ試してみましょう。

 

ひんやりするタイプ

人気があるのが、涼感加工接触冷感の素材を使ったひんやりタイプのものです。普通のストッキングに比べて、はくとひんやりしますので、夏の暑い時期にはおすすめです。

 

UVカット加工のストッキング

夏はUVカット加工が入っているストッキングもおすすめです。ストッキングを履いていても、強い夏の日差しで焼けてしまうことがあります。そんな時、UV加工がしてあれば安心ですね。夏用のストッキングに、さらにUVカットが入っているものがおすすめです。

 

お腹・お尻周りが涼しいタイプ

ストッキングを履いているとき、暑いのはお腹・おしり周りですよね。蒸れてしまって不快です。この部分を少しでも涼しくするために、その部分だけメッシュ加工になっているタイプのものがあります。

また、お腹とおしりの所だけまるく穴があいているものもありますので、チェックして見てくださいね。ただし、引き締め効果が下がりますので、そこだけは気をつけてくださいね。

 

膝丈・太もも丈のストッキング

ストッキングはお腹の部分の引き締め効果は嬉しいですが、夏はとっても暑いですよね。太ももまでの長さのストッキングなら、おしり周りが涼しくておすすめです。ロングスカートの時なら膝丈のストッキングもいいですね。

 

五本指のストッキング

足の指先が、五本指になっているタイプもおすすめです。足の指の間に汗がたまらず、快適です。また、汗が靴にしみつかないので、靴が汗臭くなるのを防ぎ、靴自体の寿命ものばしてくれます。

 

オープントウのストッキング

サンダルをはきたいけど、生足はちょっと…という場合、オープントゥのストッキングがあります。足の指先が開いているストッキングですね。ちょうど、5本指靴下の指先をチョンと切った感じの構造です。

これなら、生足に抵抗のある人や、ストッキングで足を綺麗に見せたい人にぴったりです。ヌード系で足の色にあったものを選んでくださいね。

 

 

夏のストッキングも快適に

夏のストッキングに関するアレコレをご紹介してきましたが、ストッキング派の女性のヒントになったでしょうか?ぜひ、上の選び方を参考にして、あなたに合ったものを選んでみてくださいね。

生足とストッキング、どちらでも上手に使い分けて、暑い夏も快適に過ごしていきましょう!

 

icon-heart 夏のサンダルに合わせるストッキングで悩んでいるならこちらの記事!

夏のサンダルに合わせてもおかしくないストッキングは?

 

 

スポンサーリンク

 

 - オシャレ