唇の日焼け止めは今や常識!唇の日焼けの治し方と防止法!

      2016/05/10

唇

女性なら紫外線対策は1年中している人が多いですよね。特に紫外線の強い夏は、いつもより余計に気をつけているんじゃないでしょうか。「わたしはしっかり日焼け止めを塗っているから大丈夫!」と思っていることでしょう。

でもちょっと待って!唇はどうしていますか?普通にリップを塗っているだけじゃないですか?

実は唇も日焼けするんです!

 

スポンサーリンク

 

唇が日焼けしたときの症状

唇の皮膚は薄いので、とてもデリケートです。そのため、日差しによる紫外線の影響を受けやすくなっているんです。軽い日焼けだと気がつかないで、単に「乾燥するな」ぐらいに思っている人も多いことでしょう。

 

唇を日焼けしてしまうと以下のような症状が出ます。

  • 乾燥してカサカサする
  • 赤くなってヒリヒリする
  • 皮がむける
  • 腫れる
  • 水ぶくれができる
  • ひび割れ・出血

女性

 

唇の日焼けの治し方

うっかり唇に日焼けして、上のような症状が出てしまった場合は、どうやって治したらいいんでしょうか。

 

症状が酷い場合

唇の日焼けによるダメージが酷い場合は、自分で治そうとせず、病院に行ってくださいね。ヒリヒリして我慢できないような痛みがある場合、大きく腫れる、または水ぶくれができてしまった場合などは、要注意です。自分であれこれやって、跡が残ったり色素沈着してしまっては大変です。必ず専門の医者に診てもらい治療ましょう。

 

医者

 

症状が軽い場合

症状が比較的軽い場合は、以下の対処法で自分でやってみましょう。

 

手順1:冷やす

冷やすのは一番の基本です。まずは、流水で冷やします。少し落ち着いたら、氷水を入れた袋を唇にあてて冷やしましょう。ちょうど火傷をしてしまったときと同じ感じですね。

氷水は唇の感覚がなくなるほど長時間当てすぎると、よくありません。唇の状態を見ながら、適度に冷やして熱をとりましょう。氷水では冷たすぎる場合は、氷水でぬらして絞ったタオルを使ってくださいね。

 

手順2:唇をパックする

唇を冷やして、症状がある程度落ち着いたら、今度は唇がぷるぷるになるように、水分と油分を与えていきましょう。

  • ラップ
  • リップクリーム、オリーブオイル、ホホバオイル、ワセリンなど

まずは、上のものを用意します。唇に、リップクリーム、オリーブオイル、ホホバオイル、ワセリンなどをたっぷり塗り、その上からラップをかけてパックします。3〜5分ほどでOKです。

 

手順3:夜は保湿の高いリップクリーム

夜は唇のケアに最適です。寝る前に、保湿力の高いリップクリームをたっぷり塗ってから寝ましょう。翌朝には唇の状態が良くなっているはずです。これは、日焼けしたときだけでなく、普段から習慣にしておくといいですね。

 

スポンサーリンク

 

唇の日焼け止めの方法

肌と同じように、唇も日焼けする前に予防していきたいですね。

 

UVカットのリップクリームを使う

紫外線の強い時期は、外に出かけるときにUVカット(紫外線カット)作用のあるリップクリームを塗りましょう。普通の日もですが、サーフィンや登山などをするときは、特にしっかりと塗っておきたいですね。

ただし、リップクリームによっては、あなたの唇に合わなくて、がさがさになったりするものがありますので、合うものを探して使ってくださいね。敏感肌の方は特に気をつけてください。

 

顔用の日焼け止めは唇にはやめましょう

顔の日焼け止めは必ず塗りますよね。だから、ついでに唇にもぬっちゃえ!と思ってしまいますが、これはおすすめしません。

日焼け止めには皮脂を吸着する効果がありますので、唇のように皮の薄い部分に使うと、乾燥がひどくなってしまいます。また、SPFが高いものだと肌よりも負担がかかってしまうんですね。

やはり唇は、唇用のUVカットリップクリームがおすすめです。

 

日焼け防止で唇もぷるぷるに

唇も日焼けをすると言うのは、ちょっと盲点でしたね!いままで唇の日焼け止めをしていなかったなら、これからはぜひしてみてくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 - カラダ, 紫外線