冬でも日焼け止めは必要?spfは?冬のおすすめ紫外線対策法!

   

冬 女性

日差しが強く、じりじりと熱い太陽の光を浴びている夏は、女性はみんなしっかり日焼け止めを塗って、紫外線対策をしていますよね。シミやそばかすを作りたくないですからね!

でも気温が低い冬は、なんとなく安心してしまって、紫外線対策を怠っている女性も多いんじゃないでしょうか?たしかに太陽光も夏ほどギラギラしていないし、大丈夫そうなんですが、女性用雑誌などでは、冬も気をつけた方がいいような話が載っていますよね。

 

実際の所はどうなんでしょう?

今回は、冬の紫外線量や強さは夏と比べて少ないのか、冬でも日焼け止めは必要なのか、女性の冬の紫外線対策はどうしたらいいのか、などについて見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

冬の紫外線量は夏と比べてどれくらい?

1年のうちの紫外線量は、季節によってどのくらい違っているのでしょうか?気象庁のデータを見てみましょう。

 

【日最大UVインデックス(観測値)の年間推移グラフ】

年間紫外線量(出典:気象庁

 

グラフでわかるように、やはり夏(特に7月・8月)には紫外線量が多くなっていますね。冬は夏に比べて紫外線量が少なくなっています。

あ、やっぱり冬は紫外線防止対策はあまり気にしなくていいんだ!と思いますよね。確かにそうなんですが、実は気をつけなくてはいけないことがあります

 

わたしたちが「紫外線」と呼んでいるものには大きく分けて

  • UV-A波…肌の奥まで届く(シミ・しわ・たるみ・老化のもと)
  • UV-B波…肌の表面まで届く(日焼け・皮膚がんのもと)
  • UV-C波…地上には届かない

の3種類があります。

 

実際に影響のある、UV-AとUV-Bの1年間の量をあらわしたグラフが下です。太陽

【太陽UV-BとUV-Aの季節変動】

UV-AとUV-Bの量(出典:東海大学

 

肌の奥まで届かないUV-B波は、夏に比べて冬の方が断然少なくなっていいのですが、肌の奥まで届いてしまうUV-A波は、夏と冬の差はUV-B波ほど大きくありません。

つまり、冬を含んだ1年中ずっと、UV-A波の影響は多いということですね。UV-A波はUV-B波よりも、肌の奥に届いてしまうので、よりシミやシワなど、肌の老化トラブルにつながる紫外線です。

 

冬も紫外線対策は必要?

上でご説明したとおり、太陽光が一見弱く見えて大丈夫な感じの冬も、紫外線はとどいています。ですから、夏ほどの紫外線対策はしないまでも、冬にもある程度の紫外線対策は必要となります。

冬だからといって油断して、何もしていないと、年を取ってから後悔することになります。今は問題ないように見えても、紫外線によって少しずつ肌は老化していきます。冬も必ず紫外線対策をしましょう!

 

また、雪のある場所に観光に行ったり、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツをする場合は、雪からの照り返しで日焼けをします。新雪の場合の反射率はなんと80%です。

よくスキーに行った人の顔が、ゴーグルの部分だけ白く残して他は黒くなっているのを見ますよね。紫外線対策が必須です。

 

スポンサーリンク

冬の日焼け止めの選び方は?SPFはいくつがいい?

さて、では冬の日焼け止めはどんなタイプのものを使ったらいいのでしょうか?

日焼け止めというのは、SPF値がついています。まずは、これについて知っておく必要があります。SPFは日焼け止めの効果が長持ちするほど高い数字になっています。効果の強さではありません。

参考記事 SPF50の日焼け止めが一番ってホント?お肌に悪いかも!

数字が高いほど長時間塗り直さなくていいだけです。つまり、数字が低くても、こまめに塗り直しをすれば効果は変わりません。

SPFは数字が大きくなるほど、お肌への負担がかかります。夏はSPF50を使う場合も多いですが、冬用の日焼け止めは、SPF値が低めのもの(SPF20以下)を使って、長時間になる場合は塗り直すというのがおすすめです。

 

ただし、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツで、雪に囲まれた場所で長時間過ごす場合は、SPF30〜50などの数値の高めのものを使う方が安心です。

日焼け止めはある程度のものを使った方が肌にはいいですが、ドラッグストアで買えるプチプラのものでもOKです。その際はネットで評判をチェックしてから使ってくださいね。敏感肌の人は、量の少ないものを買って、必ずパッチテストをしましょう。(ちなみに、日焼け止めは下地のまえに塗ります。)

 

1日の終わりにはしっかり洗顔をして日焼け止めを落とし、しっかり保湿するのもお忘れなく。

スキー 女性

女性の為の冬のおすすめ紫外線防止対策法

冬の紫外線防止対策は、基本夏の対策と同じです。

  • 日焼け止め
  • 帽子
  • サングラス
  • スカーフ など

夏の定番、日傘や手袋はちょっと冬には合わないですね。他のもので代用しましょう。

 

冬の日焼け止め・紫外線対策 まとめ

冬は日差しが弱めのため、「面倒だから日焼け止めはいいや!」となりがちですね。でも、目に見えないだけで紫外線は届いています。

夏も冬も、日焼け止めは塗るという習慣をつけておくといいですね。

毎日のその少しの差が、未来のお肌の状態に直結します。冬もしっかり紫外線対策をして、いつまでも綺麗なお肌を保ちましょう!

 

スポンサーリンク

 - 紫外線