カラダ 紫外線

雨の日や曇りの日も紫外線いっぱい?日焼け止めを忘れずに!

投稿日:

曇り空

お出かけするとき、曇っていたり雨が降っていたら、「今日は太陽がでてないから、日焼け止め塗らなくても大丈夫だよね。」と思って、ついつい日焼け止めをサボってしまうことってありますよね。

でも、ちょっと待って!直射日光がささない曇りの日・雨の日でも、あなたのお肌に届く紫外線量はゼロじゃないんです!

 

天気によってあなたのお肌が受ける紫外線の量は、どのくらい変わってくるんでしょうか?また、日焼け止めを塗らなくても大丈夫な天気ってあるんでしょうか?

しっかり確認しておきたいですね。

 

スポンサーリンク

 

雨の日・曇りの日の紫外線量は?

まぶしい太陽の日ざしを受けることのない、雨の日や曇りの日にも、紫外線が降り注いでいるなんてショックですよね。でも大丈夫!ここでじっくり敵を知って、対応していきましょう!

 

【天候による紫外線量】

紫外線の量(快晴の日の紫外線量を100とする)
快晴の日 100
晴れの日 90〜95
うす曇りの日 80〜90
曇りの日 60
雨の日 30

 

天候による紫外線の量は、上のようになります。快晴の日を100とすると、曇りの日で60、雨の日でも30も、紫外線は届いているんですね。

その日の天気によって、「あ、今日は雨が降っているから、普段の3割くらいの紫外線だな。」というふうに、目安にするといいですね。

 

「30なら大丈夫だよね。」と思うかもしれません。でも、夏の雨の日の紫外線量(快晴の3割)は、冬の快晴の日の紫外線量と同じくらいです。ということは、秋・冬の晴れの日に何の紫外線対策もせず外出しているのと同じ状態です。

そう考えると、将来のシミ・ソバカスが心配ですね。ちゃんと日焼け止めを塗りましょう。

 

スポンサーリンク

 

どうして雨の日や曇りの日でも紫外線が届くの?

それではどうして、雨や曇りの日など、厚い雲がかかっている状態でも、紫外線はあなたの肌に届いてしまうんでしょうか?

 

残念ながら、紫外線は雲の間を通り抜けることができるんですね。もちろん、上の表のように、雲のおかげで、晴れている日よりは少なくなりますが、すべての紫外線をカットしてくれたりはしないんです。

また、曇っていたのに晴れてきた場合、雲の切れ間から太陽光が差しますよね。この時、光が雲によって乱反射を起こし、かえって晴れの日よりも紫外線量が多くなる、という現象が起こることがあります。

 

こういった日は要注意です。雨・曇りだから油断していると、晴れの日よりも多い紫外線を、日焼け止めを塗っていないお肌に受けてしまうことになるからです。

ですので、雨の日・曇りの日でも、必ず晴れている日と同じような紫外線予防ケアをすることを、おすすめします。

 

太陽と雲

 

雨の日・曇りの日にうっかり油断してしまった場合

雨の日や曇りの日の日焼けは、真っ赤になるわけでもなく、わからないことが多いですね。

でも、日焼け止めを塗らず1日外にいた、という場合は、家に帰ってから、しっかりと化粧水でうるおしてあげてください。そして、食事はジャンク系を避け、ビタミンの多いものを摂ってくださいね。夜は早く寝てしっかりと睡眠をとりましょう。

 

その日のうちにすぐやっておくことが一番大切です。

 

保湿

 

まとめ

どんな天気でも必ず日焼け止めを塗りましょう!

これが、すべての結論です。

 

特にあなたがまだ若い場合は、「ちょっとくらい大丈夫でしょ?」と油断しがちでしょう。お肌はぴちぴちで、シミもない状態だから、想像できないですよね。でも、断言できます。5年後10年後に必ず差が出てきます。

年齢を重ねてから後悔しないように、毎日できるだけのことをして、ずっとキレイをキープしていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

-カラダ, 紫外線

【あなたにおすすめの記事】

Copyright© すべての女性のお役立ち情報 - YOU GO, GIRL! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.