サンダルはいつから履ける?サンダルの種類別の目安を知ろう!

   

サンダル

だんだん気温が上がってきましたね。そろそろ足元も軽やかで可愛いサンダルにしたいな…と思っている人も多いんじゃないでしょうか?

でも足元の衣替えってなかなか難しいですよね。ネットアンケートによると、4割の女性がサンダルを履き始める時期に悩んでいるという結果も出ています。

 

たしかに早く履きすぎて季節感のない女性だと思われたくないですよね。

そこで今回は、サンダルはいつから履き始めたらおかしくないか、大体の目安をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

サンダルはいつから履ける?基本の目安

まずは月ごとの体感で考えてみましょう。

2月ははまだとっても寒いですね。さすがに2月にサンダルを履こうと思うことはないんじゃないでしょうか。

3月になるとひなまつりがあり、春の花が咲き始めますが、やはりまだ寒いですね。ファッションとしては春らしいカラーの服を選ぶようになりますが、足元はサンダルは合いません。

 

4月は桜が満開で、新しい年度がはじまります。女性はこの頃から「そろそろサンダルを履けるかな〜?」と考え始めるんじゃないでしょうか?ただし、考え始めるだけで、まだ履かないが多いですね。それでも4月の終わりになると街中で、チラホラとサンダルの女性をみかけることもあります。

そして5月。ゴールデンウィークぐらいになると、気温も上がってきて、もうサンダルを履いてもおかしくないと感じるようになります。

さらに気温の上がる6月は、もう違和感がない季節と言えます。

 

どうですか?あなたもこんな感じの感覚ではないでしょうか?

実際ネットのアンケートでも、50%以上の女性が5月のサンダルはOKと思うという結果が出ています。

ということで、サンダルを履き始める時期は5月からなら大丈夫!

 

スポンサーリンク

サンダルの種類と履く時期

「サンダル」と一口に言っても、いろいろデザイン・素材のものがありますよね。時期にあったサンダルについても見てみましょう。

5月から履けるサンダル

  • 足が出ている部分が少ないサンダル
  • オープントゥのサンダル

5月はサンダルを履き始めてもおかしくないと感じ始める時期です。でもまだ履きはじめの時期で気温的にもちょっと寒いときがありますね。

ですから、足が出ている部分が少ないサンダルがおすすめです。足の甲やかかとは覆っているけど、つま先が開いているオープントゥサンダルなんかがいいですね。

 

素足で履く時は、洋服も軽くしてバランスを考えましょう。

肌寒い時はヌード系のストッキングと合わせて調節してくださいね。オープントゥサンダル用のストッキングがおすすめです。

6月から履けるサンダル

  • グラディエーターサンダル
  • ジュート素材のサンダル
  • コルク素材のサンダル
  • ウェッジソールのサンダル

6月になればもうサンダルを安心して履ける季節です!もちろん素足でOK!

オシャレなグラディエーターサンダルや、夏っぽいジュート素材やコルク素材のサンダル、ウェッジソールサンダルも6月からならぴったり。

ただし6月は梅雨がありますので、濡れないように上手に履いてくださいね。

 

7月から履けるサンダル

  • トングサンダル
  • 細いストラップのもの
  • 足が見える部分が多いサンダル

7月になるとかなり暑いですよね。もう夏本番という気温の日も多くなります。

トングサンダルやストラップが細いさんだるなど、足が見える部分が多くなるサンダルが涼しげで素敵に見える季節ですね。

7月からはもうどんなタイプのサンダルも楽しんじゃいましょう!

 

サンダルはいつから履ける? まとめ

サンダルを履く時期について、だいたいの目安をご紹介しました。

最近は以前に比べて全体的に気温も高くなってきていますよね。5月に夏日もあります。ですから、目安を参考にしつつ、体感温度でも判断してくださいね。

街中で他の女性の足元をチェックするのもおすすめです。

今年も可愛いサンダルでオシャレを楽しみましょう! 足の爪のお手入れもお忘れなく!

 

 

スポンサーリンク

 - オシャレ