チャイルドシートはどこにつけるのがいい?助手席は法律違反?

   

チャイルドシートに座る子供

家族揃ってのお出かけには、車を使うご家庭も多いですよね。特に小さいお子さんがいる場合は、車のほうが何かと便利です。

そんな小さなお子さんとの車でのお出かけで欠かせないものといえば、チャイルドシートですよね。お子さんの安全のためにも、正しく使う必要がありますが、案外よくわかっていないで使っていたりするのではないでしょうか?

 

今回の記事は、チャイルドシートはどこに付けるのがいいの?助手席への設置は法律違反になる?!ということをテーマに、役立つ情報をご紹介していきます!

小さなお子さんを持つママはぜひチェックしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

チャイルドシートのはてな?

日本では、2000年から6歳未満の子どもを車に乗せるときは、チャイルドシートの使用が義務付けられています

ただ、このチャイルドシート、まだまだ歴史は浅く、パパやママ世代にとっても、なんとなく~という知識で、使用していることも多いのではないでしょうか。そういうわたしも子どもが生まれるにあたって、慌ててチャイルドシートについて調べたうちの一人です。

ここからは、そんなチャイルドシートについて、詳しく見ていきますよ〜!

 

チャイルドシートはどこに付けるのがベスト?

チャイルドシートを購入し、最初に悩むのが、車のどの場所に設置したらいいのか?ということではないでしょうか。

 

これは車の形態、チャイルドシートの種類によって、多少異なってくるのですが、一般的に一番安全なのは、後部座席の真ん中といわれています。ここだと車の側面から遠いので、横からの衝撃を受けた場合でも、一番安全です。

ただ、シートベルトの形態や4人乗りの車の場合は、この場所には付けられないですよね。そのような場合は運転席の後ろか助手席の後ろに付けるようにしましょう。

 

じゃあどっちに付けるのがいいの?となりますが、これはママやパパの生活スタイルによって使い分けることをおすすめします。

事故に遭ったとき、運転手は自分の体を守りますので、運転席の後ろのほうが安全だといわれています。ただ、ママやパパが一人で子どもを乗せ、出かけることが多い場合は、運転席の後ろでは子どもの様子が見えづらくて気になりますよね。そんなあなたには、助手席の後ろに付けることをおすすめします。

また、この場合、車を停めたときに車道側になるので、子どもの乗り降ろしがさせやすいというメリットもあります。

 

Cさんの体験談

「我が家の場合は、4人乗りの車。普段はパパが仕事に車を使っているので、子どもと車でお出かけするときは、ほとんどが家族3人揃ったときです。そのため、チャイルドシートは運転席の後ろ、そして、その横の助手席の後ろに私が座ることになっています。」

子どもの安全面を一番に考慮し、それぞれの家族の生活スタイルにベストな設置場所を考えるといいですね。

 

チャイルドシートに座った赤ちゃん

 

助手席の設置は法律違反になるの?

上で後部座席がいいという話をしましたが、ママやパパが一人で子どもを乗せて車で出かけることが多い場合、助手席にチャイルドシートを付けるのが一番いいのではと考えますよね。これは法律違反になるのでしょうか?

結論からいうと、法律違反にはなりません。道路交通法では設置場所についての規定はないので、助手席に付けていても違反にはなりません。

 

 助手席にチャイルドシートを付ける危険性

助手席にチャイルドシートを付けても法律違反にならないということがわかりました。でも、助手席に付けると危険ということは、誰もが聞いたことがあると思います。なぜ危険なのでしょうか?

エアバッグが危険

助手席にはエアバッグが装備されていますよね。これは、大人の体を守ってくれる大切な装備です。ただ、このエアバッグ、衝撃が強いので、子どもの小さな体に適したつくりではないのです。

万が一事故が起きた時、エアバッグによって窒息してしまう恐れもありますので、本当に危険です。

 

助手席は危険

エアバッグ以外にも危険な理由があります。それは、交通事故が起きたとき、助手席の死亡率が一番高いということ!

これを聞くと、可愛い我が子は、助手席に座らせたくないな~と思ってしまいますね。

 

わき見運転による危険

もう一つ助手席にチャイルドシートを付けると危険な理由があります。それは、運転手がわき見運転をしてしまうということ。

子どもって結構チャイルドシートが嫌いなんですよね。うちの子どももですが、しばらくするとグズグズ言い出すことがよくあります。

そんなとき、助手席でグズグズ言われると、運転手であるパパママは気が散ってしょうがない!これは、とっても危険なことです。

 

スポンサーリンク

 

チャイルドシートは前向き設置?後ろ向き設置?

チャイルドシートをつけている車を見ると、前向きの場合と後ろ向きの場合があることに気づきます。チャイルドシートって前向きに付けるんでしょうか?それとも後ろ向き?

これは、チャイルドシートの種類によって、違いはありますが、だいたいのチャイルドシートが、体重10キロ未満(生後9カ月頃)までは、後ろ向きに設置し、体重10キロを超えると、前向きに設置するようにと決められています。

これはお使いのチャイルドシートに書かれていますので、必ず説明を読み、守るようにしてくださいね。

 

 子供のためにチャイルドシートは正しく設置しよう

今回は、チャイルドシートの設置場所や設置する向きについて、詳しく説明させていただきました。また、チャイルドシートを助手席に設置する危険性もお分かりいただけたと思います。

大切な我が子の命を守ることができるのは、ママであるあなたです。

チャイルドシートは正しく使用し、車でのお出かけをめいっぱい楽しんでくださいね!

 

スポンサーリンク

 - 出産・育児・子育て