汗染みによる黄ばみの落とし方は?原因を知って予防しよう!

   

洗濯

暑い夏は、毎日たくさん汗をかいてしまいますね。洋服がべたべたになってしまうこともあります。

この洋服についた汗は、しっかりと落とさないと黄ばんだシミになってしまうことがありますので、注意が必要です。あなたも、白い服の脇の下や襟周りが、黄色く変色しているのを見たことがあるんじゃないでしょうか?

 

夏のお気に入りのワンピが黄ばんでしまったら、ショックですよね!

あなたの大切な洋服を、汗染みの黄ばみから守るにはどうしたらいいでしょうか?一緒に見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

汗染みによる黄ばみの原因は?

まずは、黄ばみの原因は何かを知っておく必要がありますね。

 

皮脂

皮膚から出た脂分(皮脂)は時間が経つとどんどん酸化していきます。酸化により黄ばみになってしまいます。

皮脂汚れは、洗濯をしていても、しっかり落ちないことがあり、衣服に蓄積していくことがあります。洗濯の後しまっておいた衣服が、黄ばんでいた場合は、残っていた皮脂が酸化したものです。

 

アポクリン腺から出る汗

身体にある汗の出口は、エクリン腺とアポクリン腺があります。

エクリン腺は全身にあり、ここから出る汗は99%が水です。一方、脇などにあるアポクリン腺は、水分だけでなく、タンパク質や脂質、アンモニアなどが含まれているため、ニオイや汚れの元となります。

脇の下の黄ばみが酷いのはこのせいです。

 

あつい

 

角質層

皮膚からはがれ落ちる古くなった角質層(タンパク質)も、黄ばみの原因になります。

 

日焼け止め

デコルテや袖口など、日焼け止めを塗ったところと、衣服がこすれるところも黄ばみやすくなります。日焼け止め成分が汗や皮脂で、変質・酸化してしまい、それが衣服に移ってしまうため、黄ばみを引き起こします。

 

汗をかく機能の低下

夏は1日のほとんどを冷房の効いた場所で過ごすことが多いですよね。汗をしっかりとかく習慣がないと、汗をかく機能が低下してしまい、健康な汗をかくことができなくなってしまいます。汗の中に余分なミネラル成分などが混ざるようになり、これが衣服の黄ばみにつながります。

 

寒い

 

制汗剤

脇などの汗を抑えるために、制汗剤(制汗スプレー)を使いますよね。この制汗剤に含まれる成分が、雑菌などによって違う物質に変わり、汗、皮脂と混ざって洋服の黄ばみになることがあります。

 

ストレス

ストレスや緊張からくる汗は、気温が暑くてかく汗とくらべて、水分以外の分泌物の割合が増えるので、衣服につくと黄ばみの原因となります。

 

 

汗染みによる黄ばみの落とし方

軽い黄ばみの場合

まずは、黄ばみのある部分に、台所用洗剤、または洗濯洗剤を集中的につけて、優しくもみ洗いをします。その後、普通に洗濯機で洗いましょう。

 

sentaku

 

酷い黄ばみの場合

上のやり方で落ちない場合は、衣類のワイドハイターなどの漂白剤を使用します。

皮脂は普通の洗濯洗剤だけでは、しっかりとは落ちないことがあります。そこで、アルカリ性の漂白剤を使い、酸性の皮脂をきれいに落とします。

 

水、またはぬるま湯に漂白剤を溶かして、30分程度つけ置きをしてから、いつものように洗濯をしましょう。さらに効き目が出ます。

汗染み部分の黄ばみが酷い場合は、シミの部分に余分に漂白剤を塗りましょう。

 

市販の漂白剤には、柄物衣類専用のものもありますので、白い洋服でなくても大丈夫です。服にあわせて使用してみてくださいね。

ただし、お気に入りのおしゃれ着の場合は、漂白剤を使う前に、念のため目立たないところでテストしてから使ってくださいね。

 

家では洗えない素材の物は、黄ばみが出てくる前に、早めにクリーニングに出しましょう。

 

スポンサーリンク

 

汗染みの黄ばみを予防する方法

お気に入りの洋服が黄色くなってから慌てたくないので、日頃から黄ばみを予防する方法を実践していきたいですね。

 

夏の洗濯はためないですぐ洗う

汗をかいた衣服は、すぐに洗濯をしましょう。仕事をしている場合は、なかなか毎日洗濯をするのは難しいかもしれませんが、汗がついて汚れたままの衣服を、放置する時間が長くなるほど、どんどん酸化し、ひどい黄ばみになる元となります。

また、汗汚れ自体も落ちにくくなりますので、とにかく早めの洗濯を心がけましょう。

 

脇汗パッド

脇の場合は、脇汗パッドを使用して、直接汗が衣服につかないようにするのが一番効果的です。濡れたら簡単に交換できるので安心ですね。

 

脇

 

身体を清潔にする

汗をかいたらしっかりお風呂やシャワーに入り、身体から出た汗や皮脂、また、古くなった角質層などを洗い流しましょう。身体を清潔に保っておくことで、衣服に移る汗や皮脂、汚れなどを少なくすることができます。

 

運動・ストレス軽減

運動をすることによって、汗をかきにくくなっていた身体から、しっかりといい成分の汗をかける身体に戻しましょう。

同様に、日頃のストレスや緊張をなるべく解消することによって、余分な分泌物のふくまれていない汗をかけるようになります。

 

風呂

 

黄ばみを防いで、お気に入りの洋服を長く着よう

汗染みによる黄ばみは、気づいたらすぐにケアをしてあげることが大切です。

夏は汗をたくさんかいてしまうことから逃れることはできませんが、黄ばみののお手入れ方法を知っていれば安心ですね。

 

この夏も、汗を気にせず、大好きな服を着て街へ出かけましょう!

 

スポンサーリンク

 

 - オシャレ