紫外線

日焼け止めに使用期限はあるの?去年の日焼け止めは使える?【メーカーに聞いてみた】

更新日:

日焼け止め

夏の紫外線対策に日焼け止めは必須ですよね。日ざしが強くなってきて、しっかりと日焼け対策を始めるとき、去年の日焼け止めが残っていたらどうしますか?

約1年経っているこの日焼け止め、この夏にも使って大丈夫なのか、ちょっと不安になりますね。

 

わたしが使っている日焼け止めは、アネッサ(資生堂)とアリー(カネボウ)です。アネッサは強いタイプを夏限定で使っていて、アリーは中くらいのものを1年中使っています。

去年使いかけで気になる日焼け止めは、アネッサの方ですが、念の為カネボウさんと資生堂さんのお客様相談室に電話をして使用期限などについて聞いてみました。細かい表現は少し違いましたが、大筋は同じなので、まとめてご紹介します。

 

この記事では、日焼け止めの使用期限(去年のものを使ってもOKなのか)について見ていきます。

あなたも心配しているなら、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

日焼け止めに使用期限はあるの?去年の日焼け止めは使える?

日焼け止め含む化粧品は、品質がとても安定しているものなので、

  • 使用期限というものは基本的にはない
  • 中身の状態が良ければ、去年の夏の残りを使っても問題ない(見分け方については後述)

ということになっています。

基本的には状態が良ければOKですが、おすすめとしては

  • 未開封の日焼け止め:3年程度
  • 開封済みの日焼け止め:1年程度

を目安に使い切るのが良いと覚えておきましょう。

 

日焼け止めは、長期間持つものですが、早めに使い切るのがいいに越したことはありません。いつ買ったものか意識して使うといいですね。買った日付をマジックで小さく書いておくのもおすすめです。

 

日焼け止め

 

去年の日焼け止めが劣化しているかの見分け方法

去年の夏(もしくはもっと前)に使い切れなかった日焼け止めが、変質していないかどうかはどうやってチェックしたらいいんでしょうか?

  • 変色していないか
  • 悪臭がしていないか
  • 分離していないか
  • 肌への馴染み具合の変化

 

変色していないか

日焼け止めの液体・クリームの色が変色していないのかをチェックしましょう。

白かったものが明らかに黄色くなっているなど、元の色から変色してしまっている場合は、酸化している証拠です。酸化したものを肌に塗ると、お肌も酸化してしまいまい、シミやシワ、老化の元になりますので、必ず新しい日焼け止めを買いましょう!

 

悪臭がしていないか

においもチェックしてみましょう。初めからあるもともとの日焼け止めの匂いは問題ありませんが、変質すると油臭くなったりすることがあります。ひどいと悪臭を放つこともあります。

もしもあなたの日焼け止めがそうなっていたら、すぐに捨てましょう。

 

分離していないか

クリームタイプの場合、日焼け止めを手に出して、分離していないかチェックしましょう。分離しているようでしたら、成分が変質している証拠です。

振って使うタイプの日焼け止めは分離がわかりにくいですが、手に出して状態がおかしくないのかをチェックしてください。

 

肌への馴染み具合の変化

見た目や匂いもおかしくないけれど、肌に塗ってみたら以前と全然肌への馴染み具合が違う、という場合も、劣化している可能性があります。

違和感を感じるようでしたら、新しいものに替えましょう。

 

 

日焼け

 

変質した日焼け止めを使うとどうなる?

変質・劣化した日焼け止めを肌に塗ると、

  • 肌が荒れる
  • 赤くなる
  • かゆみが出る
  • シミ・シワになる

のような症状が出る場合があります。

変質している場合、日焼け止めとしての効果も期待できませんので、絶対にお肌につけるのはやめましょう!

 

 

開封後の日焼け止めを持ち越すときの保存の仕方

日焼け止めを使い切れず、来シーズンに持ち越す場合は、以下の事を気をつけて保存しましょう。もちろん普段使っているときの保存も以下のことを心がけることが大切です。

 

高温多湿の場所を避ける

日焼け止めをワンシーズンで使い切れなくて、来シーズンまで取っておく場合は、高温多湿の場所を避けて保存しましょう。冷蔵庫に入れる必要はありません。常温でOKです。

 

日の当たらない所で保存する

直射日光が当たる所においておくと、品質が劣化する原因となります。日の当たらないところに入れておくことが大切です。

 

容器の口を清潔にする

日焼け止めの口の部分に、液体やクリームがはみ出していませんか?保存するときは、口の周りを綺麗に拭き取って清潔にし、しっかりとふたをして酸化を防ぎましょう。

 

帽子

 

日焼け止めの使用期限を気にせず使える方法

小さいサイズの日焼け止めを使う

大きいサイズの日焼け止めを買うのは、シーズン初めだけにしましょう。夏のおわりがけに大きなものを買うと使い切れなくなってしまいます。

買う時期によって、日焼け止めのサイズを変えて、できるだけそのシーズン中に使い切ることができるように調節しましょう。

 

SPFの低いタイプを1年中使う

一番日ざしの強い真夏には、たいていSPF50などの強力な日焼け止めを使いますよね。でも春や秋、まして冬にはここまで強い日焼け止めは使わないはずです。そのため、真夏のSPFが強い日焼け止めを使い切れないということも多いんではないでしょうか。(わたしがそうです。)

そこで、少しSPFの低いタイプのものを選び、それを1年中使うようにすれば、劣化などを気にする必要もなくなります。

 

SPFというのは、値が上がるほど長時間効き目があるというだけで、低いSPFも塗り直しをすれば同じ効果がありますので大丈夫です。

(参考:SPF50の日焼け止めが一番ってホント?お肌に悪いかも!

 

太陽

 

日焼け止めの使用期限を守って綺麗なお肌でいよう!

せっかく日焼けから守ってくれるはずの日焼け止めなのに、成分の劣化によって、反対にあなたのお肌にダメージを与えてしまうことになったら、本末転倒ですね。

基本的には

  • 安定しているので基本的には使用期限はない
  • 目安として、未開封:3年程度、開封後:1年程度に使い切るのがおすすめ
  • 保存は常温で日の当たらない所で
  • 小さいサイズを選んで早めに使い切る

を頭に入れておくと良いですね。

「開封しても、1年は大丈夫なんだ」と過信せず、なるべくワンシーズンで使い切るのがおすすめです。

 

あなたの肌を守る日焼け止めを上手に使って、これからも綺麗な肌を保ちましょう!

 

 

まとめてチェック!

こちらで紫外線対策関連の記事を全部読めます。

女性のためのカンタン紫外線対策!【保存版まとめ】

夏の空
女性のためのカンタン紫外線対策!【保存版まとめ】

女性にとって紫外線対策は、なくてはならないものですねよね。シミやそばかす、シワやたるみの原因になる紫外線から、あなたのお肌を守りましょう! お金をかけず、誰でも普段の生活の中でカンタンにできる方法はた ...

続きを見る

 

-紫外線
-

Copyright© すべての女性のお役立ち情報 - YOU GO, GIRL! , 2019 All Rights Reserved.