紫外線

日傘はいつからいつまで使うもの?効果的&恥ずかしくなく使いたい!

日傘はいつからいつまで?効果的&恥ずかしくなく使いたい!

日本の夏は日差しがギラギラで、とっても暑いですよね。

多くの女性が日焼けによるシミ・そばかす防止対策として「日傘」を利用しているんじゃないでしょうか。

でもこの日傘、いつからいつまで使うのが普通なのか、悩んだりしませんか?

季節外れに使って恥をかきたくないけど、紫外線でシミを作るのは絶対避けたいですよね。

 

そこでこの記事では、紫外線防止の面と、一般的な常識(日傘をさしても恥ずかしくない)の面から考えて、日傘をさす時期はいつからいつがいいのかを、ご紹介していきたいと思います!

シミを増やさないように、上手に日傘を利用しましょう!

 

 

日傘はいつからいつまで使うかの判断法は?

日傘は強い日差しや紫外線から身を守るものです。

ですから基本的には、あなたが使いたいときならいつでも使ってOKです。

体調も人それぞれなわけで、個人の自由ですから当たり前ですね。

 

とはいえ、普通に考えて真冬に使うのは恥ずかしいと感じると思うし、実際に紫外線量が高いときに使うべきですよね。

そこでここでは、日傘を使う時期について

  • 紫外線の量
  • 一般的な常識(さしていて恥ずかしくないか)

という2つの面から見ていきたいと思います。

 

日傘の使用時期:紫外線の量から決める

まずは、年間の紫外線量からチェックしてみましょう。

下の図は、気象庁のホームページから引用した「月最大UVインデックス(観測値)の時別累年平均値グラフ(つくばでの観測)」です。

これを使うと日傘を使う時期の目安になります。

月最大UVインデックス(観測値)の時別累年平均値グラフ

 

「UVインデックス(UV指数)」というのは、紫外線の強さをわかりやすく指標化したもので、世界共通で使われています。

数値が高くなれば、紫外線が人体に及ぼす影響の度合いが高くなるということですね。

上のグラフでは紫外線の強さが、数値によって色分けしてありますが、以下のような意味になります。

UVインデックスで表される紫外線の強さ

つまり、黄色以上(UVインデックスが3以上)の時には、対策が必要なので、日傘の出番にもなります。

1月から11月までありますね。

さらに上のオレンジ色(UVインデックスが6〜7)になる時には、バッチリ日傘をさす時期です。

つまり、紫外線量から考える日傘をさす時期は、3月から10月という感じになりますね。

 

日傘の使用時期:一般常識・感覚で決める

上では、UV指数という具体的な数値から、日傘をいつからいつまで使うかを見ました。

次に、一般的な使われ方から見た、日傘の使用時期を考えたいと思います。

他に誰も日傘をさしていないときに、自分だけ使うのって、ちょっと常識はずれみたいに見えて恥ずかしいですものね…。

 

さて、毎年の状況を思い返してみると、実際に街で日傘をさしている人を多く見るのは、5月頃〜9月頃ではないでしょうか?

実際は紫外線が強くてまだ暑くても、季節感から考えてみると、4月はまだ春だし、10月はもう秋だし…という感じになりますよね。

ということで、一般的な感覚で判断する場合、日傘の使用時期は5月頃〜9月頃としておきます。

 

 

日傘はいつからいつまで使うかの目安はコレ!

はい、ここまで、紫外線の量と一般常識という2通りの面から日傘を刺す時期を見てきました。

まとめると以下のようになります。

  • 紫外線の量から決める⇒3月から10月(1月から11月まで気をつける時間帯あり)
  • 一般常識・恥ずかしさで決める⇒5月頃〜9月

この2つの目安から総合して考えてみます。

 

両方を合わせると、日傘を使う時期は、3月から10月までとなりますよね。

とはいえ、3月は感覚として日傘は早いと感じる人が多いはずです。まだ桜の季節前ですからね。

一方、4月の桜が終わって、月末のゴールデンウイークごろだと、ちらほらと日傘をさすひとが出てきます。

ですから、日傘をさし始めるのは、4月末頃目安でいいんじゃないでしょうか。

 

日傘をいつまでさすかについてですが、一般常識や四季の感覚から言うと9月までですが、最近は暑さが続き、10月まで日差しがかなり強いので、実際は10月に入っても日傘を使ってもおかしくないと感じます。

そこで、日傘を使うのは、10月の中旬頃までとしたいと思います。

 

結論として、日傘を使うのは、4月末頃〜10月中旬頃にすると、紫外線対策面からも、常識面からも、いい感じで使えるのではないでしょうか。

 

もう一度、紫外線量のグラフを見てみましょう。

月最大UVインデックス(観測値)の時別累年平均値グラフ

これを見ると、1月の昼12時も、黄色になっていて、紫外線量が高いです。でも、1月に日傘をさすのはちょっとおかしいと感じますよね。

こういう場合は、日傘でなく、帽子や日焼け止めで対応するといいですね。

こんな感じで、臨機応変にしていけば、紫外線対策はバッチリです。

 

まとめ

ということで、「日傘はいつからいつまで使えるの?」という疑問に対しての結論は、

日傘を使うのは、4月末頃〜10月中旬頃にすると、紫外線対策面からも、常識面からも、おすすめ!

となります。

日傘を上手に利用して、今年もシミ・そばかすを作らないように、キレイな肌をキープしましょうね〜!

 

 

-紫外線

© 2020 YOU GO, GIRL!