オシャレ

あなたのお肌を紫外線から守る日傘の選び方!【シミ防止】

あなたのお肌を紫外線から守る日傘の選び方はコレ!【シミ防止】

女性の夏の必需品である日傘。

可愛いものがたっくさーん売っていますが、ちょっと待って!

見た目が可愛いものを選ぶのは、テンションが上がってとってもいいのですが、機能についてもちゃんとチェックしないといけません。

何も加工がしていない日傘を買うと、紫外線防止効果が低いので、シミやそばかすの原因になっちゃいます!

 

そこでこの記事では、日傘を買うときの選び方のコツやチェックポイントをご紹介しようと思います。

しっかりとあなたのお肌を守ってくれる日傘を買って、キレイなお肌をキープしましょう!

 

 

お肌を守る日傘の選び方

ではさっそく日傘の選び方をみていきますよ〜!

押さえるべきポイントは以下です。

ここをチェック!

  • 絶対にUVカット加工のあるもの
  • 遮光性・遮熱性のあるもの
  • 素材の違いを知っておく
  • 外側の色は何色でもOK!
  • 内側は黒や暗い色のもの

 

詳しく説明していきますね!

 

絶対にUVカット加工のあるもの

女性が日傘をさす理由は、やはり紫外線からお肌を守るためですよね。

ですから絶対にUVカット加工がしてある日傘を選びましょう!

いまは、ほとんどの傘がUV加工されていると思いますが、商品タグをしっかりチェックしてくださいね。

絶対にUVカット加工のあるものを選ぶ

 

遮光性・遮熱性のあるもの

また、夏の強い日差しから守ってもらえるよう、遮光性の高いも日傘を選ぶのも重要です。

こちらも、商品タグに遮光性・遮熱性効果があるかどうかの記載があるはずです。

 

下のマークは、日本洋傘振興協議会(JUPA)が2010年から使用しているもので、遮光の一定基準をクリアした商品のみにものに、表示されています。これがついていれば、信頼がおけますね。

(遮光率が99%以上の生地を使用した商品を遮光傘、99.99%以上の生地を使用したものを1級遮光率としています。)

JUPA(日本洋傘振興協議会)の遮光マーク

 

また、遮光だけでなく、遮熱加工もされている場合は、「遮熱・遮光」マークもあります。

JUPA(日本洋傘振興協議会)の遮熱・遮光マーク

通常、UVカットや遮光性にすぐれた素材は、熱がこもりやすいので、遮熱加工されていると、さらに快適になるはずです。

 

素材の違いを知っておく

日傘の素材としては、大きく分けて、昔ながらの麻・綿・絹などの天然素材のものと、ポリエステル製(化学繊維)のものとがあります。

天然素材のものは、軽やかな印象で、比較的涼しい使用感です。見た目が日傘!という感じで上品で素敵ですよね。

ですが、ちょっと重めで、天然素材のため痛みやすいかもしれません。UVカット加工も控えめなものが多いです。

 

現在お店にある日傘で、圧倒的に多くみられるのが、ポリエステル素材のものですね。

こちらは熱が伝わりやすく傘の中がちょっと暑くなりがちです。

ですが、比較的軽くて持ち運びやすく、多彩な柄があるので、選ぶのが楽しいのがいいですね。

また外側と内側の色を変えたりシルバーにしたりすることで、機能を上げているものもあります。

UVカットや遮光率が高いものが多いです。

 

スポンサーリンク

 

外側の色は何色でもOK!

一般的に、黒や色の濃い日傘のよりも、白い日傘のほうが熱を吸収しないのでいいのですが、UVカット加工や遮熱・遮光加工のある日傘であれば、外側はどんな色でもOKです。

好きな色や柄を選んだほうが楽しいので、これはあまり気にしなくてもいいかなと思います。

 

内側は黒や暗い色のもの

日傘の内側の色は気をつける必要があります。

内側が黒や暗めの色になっている日傘がおすすめです。

なぜなら、日傘の内側が白っぽいと、地面から反射したひかりが、傘の内側でまた反射して、顔や首が日焼けしてしまうからです。

 

まとめ

可愛い日傘を使いたいけれど、やはり機能は大事です。

見た目がよくても、顔に染みができてしまったら元も子もありません。

  • 絶対にUVカット加工のあるもの
  • 遮光性・遮熱性のあるもの
  • 素材の違いを知っておく
  • 外側の色は何色でもOK!
  • 内側は黒や暗い色のもの

日傘を選ぶ時は、これらのことをちょっとだけ思い出してくださいね。

機能もデザインもバッチリの日傘で、紫外線を防ぎつつ、楽しく過ごしてくださいね!

 

 

-オシャレ

© 2020 YOU GO, GIRL!