マナー 葬儀

急な不幸があったけど喪服がない!どうしたらいいの?

急な不幸があったけど喪服がない!場面に合った対処法を知ろう!

いつか買おうと思って伸ばし伸ばしにしていたら、喪服が必要な場面が来てしまった!でもまだ喪服を持っていない!

そんなときどうしたら良いんでしょうか?

単に持っていない場合もあれば、久々に着てみたら、太ってしまって喪服が入らないという場合もありますよね。(わたしです…。)

この記事では急に喪服が必要になったけれど、持っていない場合の対処法をご紹介します。

 

 

友人・知人の不幸で喪服がない場合

まずは不幸があったのが、あなたの友人や知り合いなど、親族以外の場合から見ていきます。

友人・知人のお通夜の場合

友人や知人など、親族以外のお通夜の場合、服装はきっちりした喪服でなくても大丈夫です。

なるべく暗い色(黒、濃紺、グレー)で光沢のない生地、そして地味なデザインのものを選ぶといいですね。

わたしも何度もお通夜に行っていますが、普通の服装の人もちらほら見かけたことがあります。

お通夜であり、あなたが親族でない場合は、喪服がなくても大丈夫です。

 

友人・知人の葬儀・告別式の場合

お通夜と違い、葬儀・告別式の場合は、喪服が基本です。

さほど親しくない人の場合は、喪服がなくても大丈夫な、お通夜のほうに参列するといいですね。

 

親族の不幸なのに喪服がない場合

次は、不幸があったのが、あなたの親族の場合です。

親族のお通夜の場合

亡くなったのが親族の場合は、お通夜であっても喪服が基本です。

日取りの関係にもよりますが、不幸の連絡をもらってからお通夜まではたいてい時間がありません。

ですから着ていく喪服がない場合、葬儀場に電話をして喪服をレンタルするのがおすすめです。

喪服のデザインは限られてしまいますが、ちゃんとした喪服で参列することができます。

 

親族の葬儀・告別式

親族の葬儀・告別式にはもちろん喪服が必要です。

少し日にちがあるのであれば、デパートで喪服を購入することもできます。またネットでも、喪服を扱っているお店の場合、即日発送に対応している場合が多いので利用できます。

ただ、あせって間に合せで購入するよりも、あなたの好きなデザインで、長く使えるものをしっかり選ぶほうが良いです。

ですから、今回はとりあえずお通夜から葬儀・告別式の2日間レンタルしておいて、その後に、今後のために気に入ったものを購入するのがおすすめです。

 

喪服

 

喪服はどこで買える?

喪服は

  • デパート
  • ネット
  • 街の安売り店やスーパー

などで買えます。

 

デパートはしっかりした喪服が置いてありますが、かなり値段が高いことが多いです。

時々セールをしているので、そういった時を狙えば、高品質の喪服をお手頃な値段で買うことができます。

 

ネットでも買えます。

ただしネットだと実際の生地を見ることができないし、試着もできません。

ですから、ネットで買うときは、試着サービスがあるお店を選ぶのがおすすめです。

例えば、一旦サイズ・デザイン違いで2着送ってもらって、試着後に1着分を返すといったサービスです。

また、喪服の「黒色」はとても大事で、安いものだと赤っぽい黒だったりするので、ネットで買うときは、そのあたりも口コミなどでしっかりチェックする必要があります。

↓たとえば楽天のこのお店だと、試着サービスがあります。(わたしはここで試着サービスを利用したことがあります。)

 

街の安売り店・スーパーなどでも喪服を扱っていたりします。

たとえば、しまむらなどのお店でもありますよね。

こういったお店で買うときには、上で触れたように、「黒の色」がちゃんと喪服の黒であるかどうかをチェックしてください。

喪服の黒でない場合は、避けたほうが良いです。葬儀でみんながちゃんとした喪服を着ていると、喪服の黒でない色は目立ちます。

今後長く使えるしっかりしたものを購入するのがおすすめです。

 

まとめ

急な不幸があったけど着ていく喪服がない!という場合、

  • 友人・知人の不幸の場合⇒お通夜は喪服でなくてもOK、葬儀・告別式は喪服が基本
  • 親族の不幸の場合⇒お通夜、葬儀・告別式ともに喪服が基本

という感じです。

そして、親族で喪服が必要な場面の場合は、葬儀場でとりあえずレンタルをするのがおすすめです。

それが終わったら、次に必要なときのために、しっかりとした喪服を用意しましょう。

不幸の知らせは急にくるものですが、これで慌てることがなくなりますよ。

 

 

-マナー, 葬儀

© 2020 YOU GO, GIRL!