蚊よけハーブ・植物を植えて、安全に蚊を寄せ付けない方法!

   

ハーブ

夏になると蚊がでてイヤですね!木のたくさん生えている庭はもちろん、マンションのベランダにまで上がってきますね。

蚊よけには、線香などがありますが、蚊が嫌う植物、特にハーブを植えるという方法があるのを知っていますか?火を使う蚊取り線香と違い、自然の植物であるハーブで蚊を寄せ付けないようにできれば、子供さんがいても安心ですね。

どんなハーブが効果的なのか、見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

蚊を寄せ付けないハーブ・植物

蚊が嫌う、蚊を寄せ付けないハーブは以下のようなものがあります。ホームセンターや園芸店で探してみてくださいね。「蚊をよせつけない植物」という広告文句がついているものを、販売していることもあります。店員さんに相談してみるのもいいですね。

ハーブはそのままでも香りますが、葉っぱをに爪で傷をつけると、さらに本来の香りが立ち、効果がアップします。

 

ペパーミント

ペパーミントはハッカの事ですね。あの、す〜っとするやつです。メントールと呼ばれるハッカ成分による防虫効果が期待できます。ミントは、アイスティーに入れたり、デザートに飾ったりと、蚊よけ以外にも使い道が豊富ですね。

 

ペパーミント

 

レモングラス、レモンマートル

レモングラスはその名の通り、レモンのような香りのハーブです。タイ料理のトムヤムクンにも入っていますね。また、レモンマートルもとても強い根門の香りがします。このレモンの匂いも蚊が嫌いなもののひとつです。

 

レモングラス

 

センテッドゼラニウム

普通のゼラニウムは、花の観賞用です。ゼラニウムのうち、香料として使用される香りの強いタイプのものが、センテッドゼラニウムです。わたしたちにとっては良い匂いですが、蚊・虫にとっては苦手な匂いのようです。

 

センテッドゼラニウム

 

サントリナ

古くから、「空気をさわやかにする」とさ使われてきたハーブです。花は黄色で強い香りがします。蚊だけでなく、乾燥させてポプリを作り、タンスなどに入れて防虫するという使い方もあります。

 

サントリア

 

スポンサーリンク

 

蚊よけハーブの植え方・場所

これらのハーブを植える場所のおすすめは、家の入り口、窓、ベランダなど、蚊が入ってきそうな所の前です。お家の中への侵入を防ぐというわけですね。庭の場合は、蚊が多そうな場所に植えるといいですね。

また、蚊が嫌いな匂いの量を増やすため、ある程度の株数を植えるのをおすすめします。

 

蚊よけハーブの効果

ハーブは自然のものですので、蚊を退治したり、全く近づかなくなるというような強い効果が出る訳ではありません。また、それぞれの環境によって高い効果のある場合と、あまり効果がない場合があります。いろいろな種類を試してみるといいですね。あなたのお家にぴったりのハーブがみつかるかもしれません。

薬品などを使うのに比べて、ハーブは自然の植物ということで、安全性の高さという点でおすすめです。また、花が綺麗なもの、料理にも使えるものがありますので、趣味の園芸を兼ねて楽しく育てられたらいいですね。

 

園芸

 

蚊の嫌いなハーブで作る虫除けスプレー

「蚊よけのハーブを育てるのが面倒だ」、「効き目が弱いみたい」と言う場合は、上でご紹介した、蚊よけに効くハーブのエッセンシャルオイルを利用してみましょう。

ハーブの成分を凝縮したエッセンシャルオイル(製油)は、濃くなっている分、生のハーブに比べて効果が期待できます。ただ、そのまま使うと高価になってしまいますので、水で薄めてスプレー容器に入れます。

 

これを、蚊が入ってきそうな、玄関のすぐ外やベランダのコンクリート、窓の枠のすぐ外側などにスプレーしましょう。濃いめのハーブの匂いで、蚊を遠ざけます。

 

蚊に効くハーブで安全な蚊対策を!

おしゃれな女性の間では、ハーブを育てるのが流行っていますよね。これに便乗して、おしゃれにハーブを育てつつ蚊よけもしちゃいましょう。

ハーブでの蚊よけは安全で、簡単に楽しくできます。あなたやあなたの家族のために、ぜひこの夏は一度試してみてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

 - カラダ