オシャレ

ショートヘアのメリットとデメリット【実際にバッサリ切ってみた】

ショートヘアのメリットとデメリット【実際にバッサリ切ってみた】

ずっとロングヘアをしていると、時々とーってもバッサリと切りたい気分になる時ありませんか?

とはいえなかなかそんな勇気は出ないので、やっぱりロングのまま…という人も多いのではないでしょうか?わたし自身もそうでした。(ロング歴15年以上)

でも先日、ロングをバッサリショートヘアにしました!

そこで、実際に短くなった後に日々感じているショートヘアにした後に感じるメリットとデメリットをシェアしたいと思います。

あなたもロングからショートにしたいな…と思っているのであれば、ぜひ読んでみてくださいね!

 

 

ショートヘアのメリット

ではさっそく、ショートヘアにして良かったことを見ていきます!

  • かなりの気分転換になった
  • 頭が軽い
  • すぐに髪が乾く
  • シャンプー・ヘアケア製品の節約になった
  • ボリュームが出た
  • キュート・元気なイメージになった
  • 美容院のロング料金がかからない
  • 夏の不快度が下がった
  • 首元がもこもこしない

 

かなりの気分転換になった

わたしはロングヘア歴15年以上だったので、バッサリショートヘアにして、とってもいい気分転換になりました。

ずーっと同じところにいて代わり映えしないような感覚から、まったく新しい場所に移ったようで、リフレッシュできた感じで気分がいいです。

これまで必死に掴んで離せなかった執着みたいなものを、長かった髪と一緒にばっさり切った感じです。

心が軽くなりました。

 

頭が軽い

もちろん物理的に頭も軽くなりました

長い髪がわさわさしていた感じが無くなって、頭が動かしやすいんです!ちょっとびっくりです。

 

すぐに髪が乾く

シャンプー後に髪を乾かすのも、めっちゃ早くなりました

3分くらいで大方かわきます。

え?もう乾いたの?という感じで、とっても楽ちんです。

 

シャンプー・ヘアケア製品の節約になった

髪が短くなったので、シャンプーやコンディショナーなどのヘアケア用品の使用量がグッと減りました

思いがけずいい節約になっています。

 

ボリュームが出た

年のせいか、なんとなく髪のボリュームが無くなって気になっていたわたしですが、ショートにしたおかげで、ボリュームがでました

髪がぺたんこだと老けて見えるので、これは嬉しいメリットでした。

 

キュート・元気なイメージになった

ロングヘアのときはどちらかというと、女性らしい・おとなしい印象でしたが、ショートヘアになったら、キュート・元気なイメージになりました

(自分でキュートとか言ってますが、あくまでイメージですので突っ込まないで…。自分でもすでに突っ込み済みなので…。)

 

美容院のロング料金がかからない

わたしは髪にちょっと癖があるので、縮毛矯正(ストレートパーマ)をかけているのですが、ロングヘア追加料金がかからなくなったのも嬉しいいポイントです。

あれって案外高いんですよね。

 

ヘアサロン

 

夏の不快度が下がった

汗っかきのわたしは、いつも汗ダラダラなのですが、髪が短くなって風が通る分、ずっと涼しく感じます

 

首元がもこもこしない

冬にマフラーや大判のストールを巻いた時に、首元がもこもこしなくなりました

ロングのときは、マフラーの中に入れても変だし、上に出すと頭が大きく見えるし…って感じでだったので、いい感じです。

 

スポンサーリンク

 

ショートヘアのデメリット

次に髪を短くしたときのデメリットです。

  • 寝癖がすごい
  • ヘアアレンジが減った
  • 色っぽさが減った
  • くせが出てきた
  • お風呂で髪のすそが濡れる
  • 冬は寒い
  • 汗をかいているのが目立つ
  • 美容院に行く回数が増えた

 

寝癖がすごい

ショートヘアにしてから、とにかく寝癖がすごいです。

よく寝癖のついたあどけない小学生を見かけますが、まさにあんな感じのすごい寝癖がつきます。

小学生の寝癖は見ていてほんわかしますが、いい年の女性の寝癖は恥ずかしすぎです。

なので朝に寝癖直しの時間が必須になりました。

 

ヘアアレンジが減った

ロングのときは、編み込み、お団子、ポニテ、くるくるカールなど、いろいろとアレンジができたのですが、短くなってからは、自分でできるヘアアレンジが減りました

変化がつけにくくて、いつも同じ感じになるので、なにかないか研究中です。

 

色っぽさが減った

メリットのところで触れていますが、紙が短いとキュートさとかハツラツさとかが出てくるので、色っぽさ系の要素が減りました

もちろんショートでも超色っぽい女性はいるので、人によりますが、一般的に見てみるとそう感じます。

 

くせが出てきた

ロングのときは長い髪の重さで抑えれられていたであろう髪のくせが出てきました

わたしの場合は縮毛矯正で伸ばしています。

 

お風呂で髪のすそが濡れる

わたしはしっかりお風呂に入るのは夜で、朝は軽くシャワーだけ浴びます。

シャンプーは夜にして、朝にはしないのですが、ショートだと髪を結ぶ長さがないので、シャワーで髪のすそが濡れてしまいます

これがちょっと気になります。

 

冬は寒い

ショートヘアだと冬は首元が寒かったりします

マフラーやストールが必要です。

 

汗をかいているのが目立つ

上でショートだと夏も涼しめだと言いましたが、汗をかいたのが目立つ傾向にあります。

ロングヘアだと、汗をかいても髪の内側が濡れるだけで表面はわかりません。でも、ショートの場合は、髪のすそが汗で濡れているのが見えるので、目立ちます。

わたしは汗っかきなので、めちゃめちゃ汗をかいているひとに見えてしまいます。

 

美容院に行く回数が増えた

ロングヘアだと、多少美容院(ヘアサロン)に行くのをさぼっても、あまり影響ないですよね。

でも、ショートだと全体のバランスがわるくなるし、ぼさっと見えてしまうことが多いです。

なので美容院に行く回数が増えてしまいました

 

ヘアサロン

 

わたしがロングからショートヘアにした理由

15年以上ずっとロングヘアだったわたしが、急にバッサリと切った理由は「気分を変えたい!」と思ったからです。

ショートにしたいと思ったことは全然なくて、ちょっと切っただけでも「短くなった…」なんてクヨクヨ思っているくらいだったんですよ。

でも不思議なのですが、ある日急に切りたくなって美容院にいきました。そして結果は満足しています。

 

もしもあなたもロングからショートにしたいな…と思っているけど、なんだか迷っているという場合は、わたしのように「気分を変えたい!」と強く思うとか、何らかのきっかけが来るまで待ってもいいかな〜と思います。

でないと後悔しそうですしね。

 

わたしにとってショートにした最大のメリットは、髪と一緒にいろいろな執着やいやな思い出を捨てられたことです。

いつもの美容師さんに「失恋でもしたんですか?」って聞かれましたが、失恋の後に髪を切るって、あんがい効果あるんじゃないかと思います。

 

まとめ

ショートヘアにしたときのメリット・デメリットをご紹介しました!

わたし自身がロングヘアからばっさりショートヘアにした後の実体験を元に書いたので、きっと参考になるはずです。

メリット・デメリットはどちらもあるので、あなたの優先順位を考えて決めるといいですね。

あなたがよりハッピーでいられる髪型でいてください!

 

 

 

 

-オシャレ
-

© 2020 YOU GO, GIRL!