カラダ

夏の日傘と帽子、どちらが効果的?併用はおかしい?【日焼け・熱中症対策】

夏の日傘と帽子、どちらが効果的?併用はおかしい?【日焼け・熱中症対策】

めちゃめちゃ暑い日本の夏! 女性が外出するときの日差し対策に利用するものと言ったら、「日傘」と「帽子」ではないでしょうか?

もちろんわたしも使っていますが、あると無いとでは、かなり違いますよね。

この記事では、日焼け対策や熱中症対策に「日傘」と「帽子」のどちらが効果的でおすすめなのか、また、併用したらおかしいのか、などなどを見ていきます。

上手に使えば、元気に夏を乗り切れるはずですよ〜!

 

 

夏の日傘と帽子、どちらが効果的?

夏の日傘と帽子、どちらが効果的?

 

日傘と帽子。夏の暑い日に使ってみると、両方とも日焼け対策や熱中症対策に、かなり役立っていると実感しますよね。

そんな時にふと思う疑問が「一体どちらが効果的なのかなぁ…。効果的な方を使いたいな。」ではないでしょうか。

さて、夏の日傘と帽子、どちらが効果的なんでしょう?

 

結論から言うと、日傘も帽子も両方とも、日焼け対策や熱中症対策に効果的です。なので、どちらが優れているというわけでもないので、両方使いましょう!

ちなみに、日傘と帽子の上手な選び方は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

関連記事 あなたのお肌を紫外線から守る日傘の選び方!【シミ防止】

関連記事 【日焼け防止&暑さ対策重視】女性の夏の帽子の選び方!種類や素材は?

 

ただし、日傘と帽子はそれぞれ、より合った場面があるので、うまく使い分けるのがおすすめです。具体的に見ていきます!

 

日傘が効果的な場面と帽子が効果的な場面

日傘が効果的な場面

日傘が効果的な場面

 

  • 広範囲の影を作りたいとき
  • 髪型を崩したくないとき
  • フォーマルな服装のとき

 

帽子と違って日傘は大きいため、影になる部分が多くなりますよね。なので、大きめの影を作って紫外線を防止したいという場合は、日傘がおすすめです。

二人で入ることができるのも利点ですね。

 

また、髪型をバッチリ決めたので絶対に崩したくない!という場合も、日傘がおすすめ! 帽子だと髪がぺったんこになったり、帽子型の変な跡がついたりしますもんね!

特に夏の暑い時は、汗でムシムシになるので、変な髪形になってしまう可能性が大です! 髪の癖もでやすくなるので、もっさりした見た目になりがちです。

 

そして、フォーマルよりな服装の時も日傘が似合う場面です。帽子だとちょっとカジュアルな感じになってしまうことが多いですからね。

もちろんエレガントな帽子を選べばいいのですが、上で言ったように、汗などで髪型が崩れると、フォーマルな服装なのに髪型がもさもさ…という事態になってしまうかもしれません。

 

帽子が効果的な場面

帽子が効果的な場面

  • 人の多いところにいる時
  • 両手を空けたい時
  • 荷物を減らしたい時
  • 傘をさせないけど紫外線が気になる場所にいる時

 

今度は帽子が効果的に使える場面です。

まずは、人の多いところにいるときですね。混み合ったところだと、日傘って邪魔だし、露先が他の人に当たる可能性があるので危ないですよね。

その点、帽子なら日傘のように幅をとらないのに、日差しをカットできるのでおすすめです。

 

また、帽子だと両手が空くので、アクティブに動いて両手を使いたいときは、おすすめです。日傘だと必ずどちらかの手がふさがってしまうので、邪魔に感じてしまうはずです。

 

帽子だと荷物にならないという利点もありますね。日傘だと折りたたみだとしても、ちょっとした荷物になってしまいます。折り畳めるタイプの帽子を使うようにすれば、小さくなって荷物にならないです。

 

あと、傘をさせないけど紫外線が気になる場所にいる時の場合には、帽子が大活躍します。たとえば、屋内だけど窓際にいる場面だったり、喫茶店の外のテラス席でお茶をしているという場面です。どちらも日傘はさせないけれど、日差しは届くので紫外線が心配ですよね。帽子ならかぶっていてもOKです。

 

スポンサーリンク

 

夏の日傘と帽子、併用はおかしい?

夏の日傘と帽子、併用はおかしい?

 

ここまでは、日傘と帽子を使い分けるコツを見てきましたが、帽子をかぶって日傘をさす、というように併用したらおかしいんでしょうか?

コレに関しては、全然おかしくない!と思います。

実際、ネットでほかの女性たちがどう思っているのか調べてみました。

 

女性の意見

  • 全然おかしくない。焼けるほうがいや。
  • 備えあれば憂いなし
  • トータルでオシャレに見えればOK
  • 女性としてとっても理解できる

 

このように、肯定的な意見のほうが多かったです。

それに、わたしは思うのですが、変だとおもわれたくないから、日傘と帽子を併用しなかった結果、シミやそばかすが増えたらどうですか?めーちゃーめーちゃーショックじゃないですか?

あなたの顔にシミが増えても、変だと思っている人たちは何の責任もとってくれません。であれば、日傘と帽子を併用するほうを取りましょう!

 

まとめ 日傘と帽子の両方で日焼け・熱中症を予防しよう!

夏の日傘と帽子は、両方とも日焼け・熱中症防止に役立つアイテムなので、積極的に使っていきましょう。

また、それぞれがより活躍できる場面があるので、それに合わせて利用するのがおすすめだということもわかったと思います。

女性にとって夏の紫外線は大敵! そして熱中症の危険性も防止したいですね。なので、日傘と防止の併用をおすすめします!

 

実際、わたし自身も夏には日傘と帽子を併用しています。どちらか一つよりもずっと日差しをカットできている実感がありますよ。

また、上で紹介したように、場面に寄って使い分けができるので、どんなときでも対応できるのも気に入っています。

 

あなたもぜひ日傘と帽子を上手に使いこなして、夏の紫外線や熱中症に負けず、元気でキレイな女性でいてくださいね!

 

 

-カラダ

© 2020 YOU GO, GIRL!