濡れた靴を早く乾かす方法と雨の日の靴の選び方!

   

濡れた靴

お気に入りの靴を履いて出かけたら、突然雨が降ってきて、靴がびしょ濡れになってしまった!!そんな経験ありませんか?また、梅雨の時期は、雨が多くて気をつけていても靴が濡れてしまいますね。

そこで今回は、靴が雨で濡れてしまった場合に、早く乾かして綺麗に保つお手入れ法をご紹介します!

 

スポンサーリンク

 

濡れた靴の乾かし方・手順

雨で濡れた靴をそのまま放置すると、靴が傷んでしまいます!

  • カビが発生する
  • しみができてしまう
  • 臭いが出てくさくなる
  • 変形してしまう
  • 靴の素材へのダメージがある

かえる

 

靴をぬらして自宅へ帰ったら、以下のような順番でお手入れをしましょう!

1. 表面の水分を拭き取る

まずは、綺麗なタオルで靴の外側についた水分を拭き取りましょう。泥などがついている場合は、一緒にやさしく拭き取ります。濡れている状態の時に、タオルでそっと押さえるようにして泥汚れをタオルに移しましょう。ごしごしとこすってはいけません。

 

2. 靴の中の湿気を取る(新聞紙・キッチンペーパー)

靴に中敷きがある場合は取り出します。そして、別の綺麗なタオルで、濡れてしまった靴の内部も拭きましょう。これで、靴の外側・内側の水分、汚れも取れましたね。

 

次に、靴の水分・湿気をとるために、靴の中に新聞紙キッチンペーパーを詰めます。この時、つま先の方までしっかりつめてくださいね。やわらかい素材の靴の場合は特に、きっちりと詰めて形を整えておくと、型崩れしないのでいいですね。濡れた中敷きがある場合は、こちらも新聞紙・キッチンペーパーで包んでおきましょう。

新聞紙もキッチンペーパーも、湿気をしっかりと吸ってくれますのでおすすめです。ただし、新聞を使う場合は、インクが靴に移ってしまう場合がありますので、気をつけてくださいね。

 

湿気取り

 

この状態で、新聞紙の上に靴を置いておきます。なるべく風通しのいいところ、乾燥しているところがいいですね。玄関は濡れた傘や靴の雨で湿度が高くなっていますので、別の場所に置いておきましょう。

1-2時間後に、中に詰めた新聞紙・キッチンペーパーをチェックしてみてください。靴の水分が移って、かなり湿っているはずです。そうしたら、また新しい新聞紙・キッチンペーパーと入れ替えます。靴の濡れが酷い場合は、これを繰り返しましょう。かなり水分が抜けていきます。

 

大方、水分がぬけたら、詰めてあった新聞紙・キッチンペーパー取り出します。風通しのいいところに置いて完全に乾くまで待ちます。

早く乾かすには、浴室乾燥も効果的です。また、ドライヤーを使う場合は、温風を当てるのは、おすすめしません。冷風にして、熱ではなく風を当てる目的で使用してください。

 

ただ、どうしても翌日にも履きたいという場合でなければ、自然乾燥で充分です。

 

3. 消臭スプレー

これで靴は乾きましたね。ただ、靴は一度濡れてしまうと臭いが気になることが多いです。普段、ストッキングや靴下をはいている足は、靴の中で汗をかいているからです。

次にどこかにお邪魔して靴を脱ぐときに、臭かったらイヤですよね!ですので、臭いがする場合は最後に消臭スプレーをかけておくと安心です。

 

スポンサーリンク

 

雨の日に履く靴・対策

靴が濡れてしまってからの対処は、上でご説明したとおりです。でも、濡れる前に対策を取っておくこともできます。

 

防水スプレー・撥水スプレー

靴に防水スプレー撥水スプレーをかけておくのはおすすめです。できれば、靴を購入したらすぐにかけておくといいですね。雨による水分はもちろんですが、汚れもつきにくくなるので、日頃のお手入れが楽になります。

まず、靴の汚れを落として表面をきれいにしてください。そして、靴の目立たないところに吹きかけてみて、変色などが起こらないかチェックします。大丈夫であれば、全体にスプレーしましょう。風通しのいい場所、ベランダや屋外でスプレーしてくださいね。

防水スプレー・撥水スプレーは靴屋さんに行くと売っていますので、店員さんに聞いて、あなたに合った物を選んでください。

 

雨の日用の靴を作る

雨の日にはこの靴を履いていく!と決めておくのもいいですね。革やスエード、エナメルや布は水に弱いので、基本的に避けた方がいいですね。濡れてしまってもかまわない物、素材が水に強い物、防水スプレーをしっかりとしてある物、などを雨の日用に回しましょう。

雨の日だって可愛い靴を履いてテンション上げていきたいですね!

 

雨の日

レインシューズ(長靴)を履く

梅雨の時期のように、もう1日中雨だとわかっている日は、レインシューズ(レインブーツ)を履いていくのもいいですね。今は長靴には見えないような、とってもお洒落で可愛いものがたくさん売っていますので、一足買っておくといいかもしれません。

 

その他

  • 靴用レインカバーをつける
  • 濡れない、歩きやすい靴で家を出て、目的地で履き替える
  • 濡れるのを前提で水に強いサンダルで行き濡れたら拭く

などなど、あなたに合った、雨の日の靴選びをしてくださいね。

 

雨の日もハッピーに

お出かけするとき、お気に入りの靴を履いていると気分があがりますね! ちょっと憂鬱になる雨の日ならなおさら、好きな靴で気分を上げたいですね。

もし靴が濡れるようなことがあったら、ここでご紹介したようにお手入れしてみてくださいね!そして、お気に入りの靴を長く大事に使っていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

 - カラダ