すべての女性のお役立ち情報 - YOU GO, GIRL!

女性がもっとハッピーになれる応援ブログ

日焼けの赤みを早く治すケア方法!すぐに対処するのが大事!

      2016/05/24

日ざし

「うっかり日焼け止めを忘れて、肌が真っ赤になってしまった!どうしよう!」

いつもしっかり日焼け止めを塗っていても、朝に急いでいたり、ドタバタしてしまって、うっかり塗るのを忘れてしまう事って、誰でもありますよね。

 

真夏の日ざしは強烈です。外にいる間は自覚症状が無くても、家に帰ってきて鏡を見たら、日焼けで赤くなっていることがほとんどですね。そして、あとからヒリヒリしたりもします。

そんな時、なるべく早く赤みをなくすケアをすることが大事です。自分でできるケアの方法を予習しておきましょう!

 

スポンサーリンク

 

日焼けで皮膚が赤くなるのはなぜ?

夏の日ざしで皮膚が赤くなってしまっている状態、実は、あれは「火傷(やけど)」と同じなんです!火傷をしたときに、ほおって置いたりしませんよね。日焼けによる火傷も同じ事。ちゃんとしたケアが必要です。

 

日焼け

 

日焼けの赤みを早く治すアフターケア方法

日焼けで肌が赤くなってしまった時は、家に帰ったらすぐにケアをしましょう。放っておいてはいけません。症状が酷くなったり、回復するのが遅くなったりします。

 

冷やす

赤くなった部分を触ってみると、火照って熱を持っていることがわかりますよね?

日焼けの赤みは火傷なのですから、普通の火傷同様、冷やすことが一番大切になります。

 

氷水でぬらして絞ったタオルや、タオルで巻いた保冷剤氷水を入れたビニール袋など、冷やせるものを、赤くなった部分にあてて熱をとります。冷えピタなどもいいですね。

また、冷水のシャワー・水風呂に入ると、全身を冷やすことができるので、効率的に冷やせるのでおすすめです。ただし、シャワーで赤い部分をこすったりしないよう気をつけてください。皮膚が傷ついて跡になったりします。

 

患部の熱が取れるまで冷やし続けてくださいね。このケアをできるだけ早くすることで、症状は早くおさまります。

冷やさずそのままにしていると、諸往生が悪化し、痛みやかゆみが酷くなる原因となります。

 

風呂シャワー

 

肌の保湿

翌日、翌々日ぐらいから様子を見ながら、皮膚に水分補給をします。

日焼けでダメージを受け、赤くなった皮膚はとても乾燥した状態になっています。今度は、水分を補給してしっとりとさせる必要があります。刺激の少ない化粧水を、肌にたっぷりしみこませましょう。その後、乳液もかさねると万全です。

 

ただし、日焼けの度合いが酷い場合は、あせってする必要はありません。また、化粧水を塗るときは、少しだけ塗ってみて大丈夫かどうかを確認してから、全体に塗ってくださいね。化粧水が刺激となって、肌にダメージを与えてしまうこともあります。

 

身体の内側からのケア

身体の中が水分不足にならないように、身体の内側からの水分補給もしましょう。

また、ビタミンCが含まれている食品を摂り、シミ対策もしておくと安心ですね。(レモン、キウイ、ゴーヤ、パプリカ、ブロッコリーなど)

 

野菜くだもの

 

酷い場合は皮膚科に行く

多少赤くなる程度の日焼けであれば、上の2つのケアで様子を見れば大丈夫です。でも、日焼け止め無しで1日中海にいた時などは、皮膚が真っ赤になっているはずです。そして、水ぶくれになっていたり、痛みもすでに出ている状態が多いです。

そこまで酷い状態になってしまった場合は、自分でケアするのに限界がありますので、病院(皮膚科)に行きましょう。特に、水ぶくれができている場合は、跡が残ってしまう事がありますので、適切なケアが必要となります。水ぶくれは絶対につぶしてはいけません!

 

皮膚科ではたいてい内服薬や、軟膏などを処方してもらえます。跡を残さず、早く赤みをって回復するためには、やはり専門医におまかせするのが一番です。

 

女医

 

スポンサーリンク

 

日焼けの赤みケアはスピードが大切

日焼けをしたあと、赤みを自分でできるケアは、案外簡単ですね!

ポイントは

  • できるだけ早く処置する
  • とにかく冷やす
  • 酷いときは迷わず皮膚科へ

ということです。肌にダメージが残ってあとから後悔しないように、早め早めのアクションを起こしましょう!

 

また、家で日焼け止めを塗るのを忘れても、外出先で塗れるよう、予備の日焼け止めをいつもカバンに入れておけば安心ですね。

「ちょっとぐらい大丈夫だろう」と思ってしまいがちですが、綺麗を維持するためにも、しっかり日焼け止めを活用して行きたいですね。

 

スポンサーリンク

 

 - カラダ, 紫外線