すべての女性のお役立ち情報 - YOU GO, GIRL!

女性がもっとハッピーになれる応援ブログ

お盆の手土産マナーは?結婚後初めて旦那の実家に帰省する時

      2016/06/14

贈答

お盆休みには実家に帰省する人も多いですよね。あなたが独身で自分の両親の元に行くのであれば100%楽しい帰省ですね。

でも、あなたが結婚してから初めてのお盆で、しかも旦那様の実家に行く場合は、とっても緊張してしまいますね。

 

今回は、お盆の帰省の時、旦那様の実家に持参する手土産についてのマナーをご紹介します。

一体いくらくらいの手土産にしたらいいのか、また、何を買っていったらいいのか、のしはどうしたらいいのか、などなど、一緒に見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

旦那様の実家へお盆の手土産は本当に必要?

義理の実家に帰省をするとき、旦那様や義両親に「何もいらないよ」と言われることが多いです。でも、やはり手ぶらでいくのはおすすめしません。自分の息子が手ぶらで来るのはかまわなくても、嫁が手ぶらで来るのは、しっかりとマイナス評価になってしまいます。

嫁として、しっかりと手土産を用意していきましょう。これは必ず好印象につながります。

 

夫婦

 

結婚後の帰省に関するアンケートでは、義理の実家への帰省時に、90%が手土産を持って行っています。

【結婚後の帰省に関するアンケート】

  • 帰省時の手土産持って行く 90.9%
  • 持って行かない 9.1%

(出典:みんなのウェディング「結婚後の帰省に関するアンケート」)

 

お盆の手土産の相場はいくらくらい?

手土産の相場は、1,000円〜3,000円といったところが主流ですね。そのくらいを目安にしましょう。ただし、滞在日数が長い場合は、もう少し予算を多めにした方がいいですね。

そのあたりの感覚は、家庭によって違いますので、旦那様と相談して決めてくださいね。

 

財布

 

【帰省時の手土産の金額】

  1. 1,000円〜2,000円 33.9%
  2. 2,000円〜3,000円 31.8%
  3. 3,000円以上 19.7%
  4. 持って行かない 9.1%
  5. 1,000円以上 19.7%

(出典:みんなのウェディング「結婚後の帰省に関するアンケート」)

 

もしも、義理のご両親のところに、お仏壇がある場合は、お仏壇用のお供えも別に持って行く場合もあります。このあたりは、地域や家庭によっても違いますので、旦那様に聞いてきめるといいですね。迷った場合は、念のため両方持って行きましょう。

 

スポンサーリンク

 

お盆の手土産は何がおすすめ?

義両親の好きな物がわかっている場合は、それを手土産にするのが一番良いですね。特にない場合は、無難に誰もが好きな、洋菓子・和菓子・ドリンク類などにしておけば、間違いありません。

また、義両親が二人だけで住んでいる場合は、なかなか食べきれませんので、なるべく日持ちのするもを選ぶのがおすすめです。

 

人気があるお土産は以下のようなものです。

  • 洋菓子(クッキー、ゼリー、ケーキ、焼き菓子など)
  • 和菓子(羊羹、まんじゅう、だんごなど)
  • せんべいやあられ
  • お茶・コーヒーなどのドリンク類
  • 地元の銘菓

 

マカロン

 

お盆の手土産ののしは必要?

お盆に持参する手土産に、のしは必要ありません。

ただし、お仏壇へのお供えものを持参する場合は、「御供」ののしが一般的です。「お盆の仏壇用の御供え」と説明すれば、お店の人がふさわしいのしをつけてくれますので、心配する必要はありません。

 

義実家への帰省がんばって!

大好きな旦那様のご両親とはいえ、義実家は気を遣いますよね。初めてのお盆帰省なら、なおさらです。まずは、とにかく手土産持参など、最低限のことはしっかりこなしておきましょう。一度、手土産のマナーがわかれば、翌年からは楽勝です。

また、あなた自身の実家に旦那様と一緒に帰省するときも、ちゃんと二人からの手土産を用意して、旦那様の株も上げておきましょう。

 

義実家への帰省で、しっかりした嫁を演じて、くたくたになってしまったら、後で旦那様にしっかりいたわってもらってくださいね!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 - マナー, 行事