かぼちゃは種も食べてみて!女性必見の栄養・効能が満載!

   

かぼちゃ種

かぼちゃって美味しいですよね! 煮物はもちろん、てんぷらやかぼちゃコロッケ、スープにお菓子と、みんな大好きな大活躍食材です。

実はこのかぼちゃ、実だけでなく「種」にも、栄養がぎっしり! そして、とっても嬉しい効能があるんです! しかもそれが、特に女性に嬉しい内容になっています。

 

「ええ、種を食べるの?」と思ってしまいますよね。でも、かぼちゃ料理の時に種を捨てていたのなら、とってももったいない事をしていたんですよ〜。

ということで、さらにキレイで健康になるために、かぼちゃの種の栄養と効能について、一緒に見ていきましょう! 種を美味しく食べられるレシピもご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

かぼちゃの種の栄養は?

まずは、かぼちゃの種に含まれている栄養から見ていきましょう!

  • 食物繊維(リグナン類)
  • ミネラル(カリウム・マグネシウム・カルシウム・鉄など)
  • 不飽和脂肪酸(リノール酸・オレイン酸など)ビタミン
  • ビタミンB1・B2・E
  • タンパク質

 

かぼちゃ

 

リグナン類

このリグナン類が女性の味方!

リグナンはポリフェノールの一種で、不溶性の食物繊維です。強い抗酸化作用があり、体の酸化を防ぎます。また、女性ホルモンのバランスを整えたりと、ものすごくいい働きをしてくれます!(効能の詳細については後述)

 

ミネラル類

カリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄など、ミネラル類も豊富にふくまれています。

 

不飽和脂肪酸

かぼちゃの種には、リノール酸やオレイン酸といった不飽和脂肪酸が含まれています。植物油の宣伝で「リノール酸」という名前を聞いたことがありませんか?リノール酸やオレイン酸は、血液中のコレステロールを減らす働きがあります。

 

ビタミンB1・B2・E

ビタミン類もしっかりはいっています。特にビタミンEはアンチエイジングにGoodです!

 

タンパク質

良質なタンパク質が、健康な体作りに役立ちます。

 

 

かぼちゃの種の効能は?

トマトで一番うれしいのがリコピンです。このリコピンのおかげで、以下のような女性に嬉しい効果がたくさん発揮されます。

 

嬉しい

 

美白・美肌・アンチエイジング

★女性注目★

かぼちゃの種に含まれているビタミンEの抗酸化作用によって、活性酸素を撃退! 老化の原因である、体の酸化を防止します。

それによって、シミ・そばかすができないようにして、美肌・美白を保ちます。また、シワやたるみにも効果があり、アンチエイジングの効果が期待できます。

 

ダイエット効果

★女性注目★

タンパク質が筋肉や体をつくって、新陳代謝をアップしてくれるので、カロリーの消費が多くなります。

また、リグナン類には、内臓脂肪を減らす働きや、血液中の中性脂肪を減らす働きがあります。この抗肥満作用によって、ダイエットの手助けもしてくれます。

 

貧血・冷え症の改善

★女性注目★

女性の大敵、貧血・冷え症にも効きます。多くの女性が、慢性的に貧血や冷え症で悩んでいるんじゃないでしょうか?でも、病院にいくほどではないんですよね。

かぼちゃの種には、鉄分が多く含まれています。これによって、血液中の鉄分を補うことができ、貧血の改善になります。貧血によるめまいなんかにもいいですね。

また、血行が良なることによって、冷え症改善も期待できます。

 

運動

 

女性ホルモンバランスを整える・更年期症状の軽減

★女性注目★

リグナン類は、女性ホルモンのバランスを整える作用があります。月経前の体の不調、イライラ、月経不順など、女性ホルモンが関係して起こる不調を軽減してくれます。また、更年期の症状を軽減する働きもあります。

あなたにも思い当たる症状があるのであれば、薬などを試す前に、かぼちゃの種を食べてみるのもいいかもしれませんね。

 

排尿障害の改善

★女性注目★

リグナン類には、排尿障害を改善する働きがあります。たとえば、トイレに行く回数が増える頻尿や、トイレに行きたくなったのに、トイレまでガマンできなかったり、ということの改善が期待できます。

排尿障害は、年齢が上がってきた女性にとっては、悩みのタネですから、この効能は嬉しいですね。

 

骨を強くする

かぼちゃの種には、カルシウムやタンパク質がふくまれているので、骨を強くするのにも役立ちます。年と共に骨がもろくなってきますので、これは嬉しいですね。

今は若い女性でも、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)のリスクがありますので、かぼちゃ料理のたびに、かぼちゃの種を食べるようにすれば、骨を強くしていけそうですね。

 

生活習慣病の改善

リグナン類の強い抗酸化作用のおかげで、動脈硬化などの生活習慣病の予防・改善の効果も期待できます。

また、リノール酸やオレイン酸といった不飽和脂肪酸がコレステロール値を下げてくれます。

 

スポンサーリンク

 

かぼちゃの種のレシピ

かぼちゃの「種」を食べるなんて、ちょっとびっくりですね。でも、女性にとっても嬉しい効能があるかぼちゃの種なんで、ぜひ試してみたいですね。

日本で「パンプキンシード」として売っている、食用のかぼちゃの種は、小さくて緑色をしていますが、あれは白くて固い皮をむいた中身です。中身の部分は、トッピングにしたり、パンにいれたり、使い方は無限大です。また、しっかりと焼けば、外側の白い皮部分もそのまま食べる事ができます。

 

外の白い皮をむいて中身を取り出す方法と、外の白い皮も一緒に食べられるおつまみレシピの両方を見ていきましょう!

 

かぼちゃの種の中身を取り出す方法

中身を取り出すのはちょっと面倒ですが、どんな料理にでもちょっと入れることができて重宝します。もちろんそのままでも美味しいです。

 材料 

  • かぼちゃの種

 作り方 

  1. かぼちゃの種だけを取り出して、水できれいに洗います。
  2. 水気をとって、レンジ用の耐熱皿に重ならないように広げます。
  3. レンジで2分程度チンして乾燥させます。
  4. キッチンばさみで、種の端を切って中身を出します。
  5. できあがり!
  6. いろいろな料理にいれてみましょう!

 

かぼちゃの種のサクサクおつまみレシピ

簡単に作れて、サクサクした歯ごたえのおつまみになります。あなたのお好みのフレーバーで食べてみてくださいね。

 材料 

  • かぼちゃの種
  • オリーブオイル
  • 好みの調味料(塩・こしょう・カレー粉・チリパウダー・黒砂糖・シナモンなど)

 作り方 

  1. かぼちゃの種だけを取り出して、水できれいに洗います。
  2. お湯に塩をひとつまみ入れて、種を2分くらい茹でます。
  3. 種の水分をとり、お好みのフレーバーで味付けします。
  4. オーブン用のベーキングシートの上に、重ならないように広げます。
  5. 170度のオーブンに入れて、焼き色がつくまでローストします。
  6. 種をひっくりかえして裏面も焼きます。
  7. できあがり!
  8. 固かった外側も、サクサクして美味しく食べられます。

料理

 

かぼちゃの種でもっと健康に!

つぎにかぼちゃ料理をするときは、かぼちゃの種は捨てないでくださいね。半信半疑かもしれませんが、ためしに一度食べてみてください。案外美味しいんですよ〜。

かぼちゃ料理はそんなに頻繁にしないから、あまり食べる機会を作れない、という場合は、市販のかぼちゃの種を買うのもいいですね。すでにスナックになっているものも売っています。

 

からだにとってもいいかぼちゃの種。ぜひ、取り入れてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

 - カラダ