料理

小さい虫がわいたお米って食べられる?どう対処したらいいの?

投稿日:

お米

夏に米びつを開いたら、虫がわいていた!!!

…衝撃ですよね。

虫がわいてしまったお米は、食べても大丈夫なんでしょうか?

でもまだお米はたくさん入っているし、食べ物を粗末にするのは嫌だけど、もう捨ててしまうしかないの…?

 

以前、同じような経験をしたわたしですから、その気持よーーーっくわかります!(同士!)

そこで今回は、お米に虫がわいたらどうしたらいいのか、まだ食べられるのか、について見ていきたいと思います!

 

 

小さい虫がわいてしまったお米は食べれるの?

結論から先にいうと、大丈夫!食べることができます!

あとは、発生した虫の量や、あなたの考え方次第で、そのお米を食べるか捨ててしまうかを決めてくださいね。

 

OK!

 

米に虫がわいた時の対処法・除去の仕方

とはいえ、お米から虫を除去しないことには気持ちが悪いですね。

上手に虫を取り除くおすすめの方法は2つあります。

  • 天日干しをして虫に出ていってもらう
  • お米を洗う時に虫を除去する

詳しく見ていきます!

 

天日干しをして虫に出ていってもらう

お米を天日干しすると、虫が逃げ出します。

大量に発生してしまった場合はこの方法がおすすめです。

 

天気のいい昼間に、外の風通しの良い平らなところに、新聞紙やシートを広げます。

(下に敷くものは、明るい色で無地のものを選ぶと、虫の存在をチェックしやすいのでおすすめです。また、強い直射日光が当たる所だとお米が傷むので、ほどほどに日の当たる所を選んでください。)

そこに、虫のわいたお米を広げます。この時、こんもりとさせるのではなく、薄く広げるようにするのがコツです。

そのまま数時間まちましょう。虫が出ていくはずです。

死んでしまっている虫は出ていかないので、あとは目で見て取り除いてくださいね。

 

太陽

 

お米を洗う時に虫を除去する

お米を洗う時に除去する方法もあります。

発生した虫の量が少ない時はこちらでOKです。

 

虫のわいたお米を大きめのボールにいれて水を注ぎます。

やさしく円を書くように混ぜると、虫が上に浮かんでくるので、そっと水を捨てます。

ガシガシと力を入れて混ぜると、虫が潰れたりして、ゾーっとするので、やさしく扱って浮かせるのがコツです。

これを何回か繰り返すと、お米にまぎれこんでいた虫を取り除くことができます。

ただし、浮いてこないものもありますので、その後は目で見て取り除いてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

虫がわいたお米を捨てる場合

小さい虫がわいてしまっても、そのお米は食べることができることはわかりました。

でも、虫の量がかなり多かったりしたら、とても食べる気にはならないですよね。また、少しだとしても、やっぱり気持ちが悪いから捨ててしまいたい…と感じる人も多いでしょう。

お米を捨てる場合は、少量であれば普通に燃えるゴミとして出せば問題ありません。量がかなり多い場合は、あなたのお住まいの自治体に相談してみるといいですね。

 

日本人なら、お米を捨てるなんてバチが当たりそう…と感じることが多いと思いますが、ここはお米に感謝して処分するしかないですね。

次からはこんなことがないように、虫対策を取り入れていきましょう。

関連記事 お米に小さい虫がわくのは防げる?簡単な虫除け対策法でお米を守ろう!

 

お米

 

まとめ

お米にちいさな虫がわいてしまうとショックですが、食べても大丈夫なので安心してくださいね。

虫の取り除き方もご紹介したので、ぜひやってみてください。(もしも虫を食べてしまっても少しなら害はありません。)

今回の内容をまとめると

  • 虫のわいたお米は食べても大丈夫
  • 天日干しで虫を除去できる
  • お米を洗うときに虫を除去できる
  • 捨てる時は感謝して燃えるゴミに
  • 次からは虫対策をして予防する

といったところです。

これからもお米を美味しくいただきましょう!

 

スポンサーリンク

 

-料理
-

【あなたにおすすめの記事】

Copyright© すべての女性のお役立ち情報 - YOU GO, GIRL! , 2018 All Rights Reserved.