日傘の色で効果は変わる?絶対焼かない日傘の選び方!

      2016/05/10

夏

日差しが強くなってきましたね。いよいよ日傘の季節ですね。最近はピンクや水色、柄物など、おしゃれな日傘がたくさんあって、選ぶのに困ってしまうほどです。

でも、ちょっとまって! もちろん可愛い日傘を使いたいけれど、日傘なんだから、ちゃんと太陽の光を遮って、日焼けから守ってもらうのが一番の目的のはず。だったら、一番効果のある日傘を選びたいですよね。

 

さて、あなたを一番日差しから守ってくれる日傘って、どんな日傘なんでしょうか?色によって効果の違いはあるんでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

一番紫外線をカットしてくれる日傘の色は?

日に当たると焼けてしまうのは、太陽から来る紫外線(UV)が原因です。ですから、なるべく紫外線をカットできる日傘を選ぶのが基本となります。

昔は日傘と言えば、生成りのレース調のものが大半でしたが、何時の頃からか、黒い日傘が多くでまわるようになりましたね。そして、白よりも黒の方が日焼けしないという考えが主流となっています。

でもこれは半分はあっているけど半分は違っています。

 

太陽

 

UV加工がしていない日傘の場合

その日傘にUV加工が施されていない場合は、黒い日傘の方が白い日傘よりも紫外線(UV)をカット(紫外線を吸収して通さない)する効果は高くなります。迷わず黒いものを選びましょう!

ただし、他の色と比べると、効果がある方だというだけで、黒いからと行って紫外線を全部カットしてくれるわけではありません。何となく黒いと安心な感じですが、万全ではありませんので、憶えておいてくださいね。

 

黒い日傘は紫外線はカットしますが、熱を吸収します。黒い服を着て外に出ると、熱を吸収して熱くなりますよね。あれと同じことがおこります。ですので、黒い日傘は熱を持って熱く感じてしまいます。

反対に白い色の日傘は、熱を反射しますので、熱に関して言えば、白い日傘の方が吸収せず涼しくいられると言えます。

 

紫外線カットを重視するか、涼しさを重視するかによっても傘の色の選びかたが変わってきますね。

 

白い傘 黒い傘

 

UV加工がしてある日傘の場合

しかしながら、最近売っている日傘は、UVカット加工が施されているものがほとんどですね。UVカット加工の度合いが同じであれば、白い日傘も黒い日傘も紫外線カット効果は同じになります。

日傘を選ぶとき、UVカット加工がしてあることを確認したら、ピンクでも水色でもオレンジでも好きな色の日傘で大丈夫ということですね。あなたのテンションが上がるお気に入りの一本を見つけましょう!

 

スポンサーリンク

 

日傘の内側の色も重要

ただし、気をつけてもらいたいのが、日傘の内側の色です。

夏のかんかん照りの日に外を歩いていると、地面がやたらとまぶしく感じますよね。これは、太陽光が地面に反射して目に入ってくるからです。

 

地面などからの照り返しは、あなががさしている日傘の内側に反射して、あなたの顔にあたります。ですので、できるだけ反射しないようにしたいですね。

この時、日傘の内側の色が黒であれば、反射せず吸収してくれます。また、日傘による反射がない分、さしているあなたもまぶしさが低減され、目にも優しくなります。

 

ということで、日傘の内側の色は、黒や暗めの色のものを選ぶのをオススメします。

 

あつい

 

日傘のUVカット加工には寿命がある

UVカット加工の日傘なら安心!なのですが、一つ気をつけて欲しいことがあります。それは、UVカット加工には寿命があると言うことです。

日傘を毎日使っているとだんだん劣化し、UVカット効果がなくなってきてしまうんです。あなたの日傘は何年使っていますか?もしかして、もう効果がなくなっているかもしれません。

 

日傘はだいたい2年程度で、UV効果がなくなると思っておくといいですね。効果のない物を使って日焼けしてしまわないように気をつけましょう!

でも、お気に入りの日傘だったら買い換えたくないですよね。そんな時は、布用のUVカットスプレーを使いましょう。

 

日傘を上手に使おう

できるだけ効果のある日傘の選び方を見てきました。

まとめると…

  • UVカット加工がしてあるもの
  • 外側はお好みの可愛い色・柄のもの
  • 内側は黒や暗い色のもの

がおすすめです。参考にして選んでみてくださいね。

もちろん、日焼け止めなども併用して、万全の体制で夏をすごしましょう!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 - カラダ, 紫外線